病気?消化不良?老犬が吐く原因はナンだ?

飼っている犬が吐くとびっくりしてしまいますよね。

特に老犬の場合は何かの病気!?と不安に思うものです。

老犬が吐く場合、それほど心配がいらない場合と、
すぐに動物病院に連れていくべきものに分かれます。


ここでは老犬が吐く原因についてまとめました。

重大な病気が原因の場合があるので、しっかり様子を
見て、大事に至らないようにしてあげましょう。

意味が違う!?嘔吐と吐く(吐出)の違いを知る

嘔吐と吐く(吐出)はどちらも口から内容物を
出すことですが、実は中身が違います。

  • 嘔吐・・・胃の内容物が口から吐き出されること
  • 吐く(吐出)・・・食べ物が胃に到達する前に吐き出されること

犬を飼っている方なら知っておくといいでしょう。

吐いてもさほど心配がいらないケース

老犬が吐いても、その後の様子が普段とそれほど
変わらずケロッとしている場合、病気が原因でない
ことが多いです。

食べ過ぎ、または早食いが原因で、食べ物が胃に
到達する前に吐いてしまっているのです。

この場合もどしたものを再び食べることが多く、
その後も様子が変わらなければ、心配する
必要はありません。

こんな様子が見られたら要注意!嘔吐後の様子をしっかり観察

  • 吐いたものに血が混じっている
  • 嘔吐が続く
  • 嘔吐後ぐったりしている
  • 苦しそう
  • ぐったりしている
  • 異物や中毒性のあるものを飲み込んで嘔吐した

嘔吐前後にこんな様子が見られた場合、何らかの病気や
トラブル
が考えられます。

必ず動物病院につ入れていって診断を仰ぎましょう。

嘔吐前後の様子をしっかり確認して、かかりつけ医に
知らせるといいでしょう。

老犬の嘔吐の原因となりうる病気

 巨大食道症

食道が何らかの原因で広がってしまい、食べたものを
胃に送り込めなくなり、食べた直後に吐いてしまう。

 急性胃炎

胃の内容物を何度も吐く

 慢性胃炎

長期間に渡り嘔吐が続く

 胃潰瘍

嘔吐物に血が混じる

 胃拡張

胃が多量のガスで膨れ上がる。

胃がねじれること(胃捻転)も併発することが多い。
短期間に症状が現れ、すぐに治療しないと命に関わることも。

 溶血性貧血

本来体に侵入する異物(細菌やウイルスなど)を攻撃する
免疫機能が、自らの赤血球を攻撃してしまい発症する。

 その他

アレルギー、心不全、気管支炎、肺炎、肝不全など

老犬嘔吐まとめ

  • 吐いたものに血が混じっている
  • 嘔吐が続く
  • 嘔吐後ぐったりしている
  • 苦しそう
  • ぐったりしている
  • 異物や中毒性のあるものを飲み込んで嘔吐した

繰り返しますが老犬が吐いたとき、こんな様子が
見られた場合、すぐに動物病院に連れていきましょう。

半日とか1日様子を見ていると、手遅れになることもあります。

自己判断せず、かかりつけ医の診断を仰ぎましょう。

また半年に1回の定期検診をして、病気の早期発見、
早期治療に努めましょう。

 

 ドッグフード選びに迷ったら!

当ブログでは愛犬の健康寿命を伸ばすための
ドッグフードをランキング形式でご紹介しています。

無添加、グレインフリーのフードだけをご紹介しています。

ドッグフード選びに迷った方は一度チェックしてみてくださいね!