老犬のウンチの回数が多すぎ!その回数を減らした唯一の方法とは?

ダックスフンド10歳の飼い主さんの目下の悩みは、
愛犬のウンチの回数が多いこと。

その飼い主さんは私が仕事を通じて仲よくなった方です。

愛犬が1日5回も6回もウンチをするそうです。

こういう悩みを持つ方って少なくないんですよね。

病気ではないらしいのですが、できれば1日2回に
したい!ということでした。


そこでその飼い主さんはあるたった一つのことを試しました!

よそのワンちゃんはどのくらいウンチをするの?

犬のウンチの回数には個体差や年齢差があります。

ですが成犬以降は1日2,3回する犬が多いようです。

私がこれまで飼った犬も成犬以降は1~3回くらいでした。

だから1日ウンチを5回も6回もすると多い!という印象ですね。

それにいくらかわいい愛犬のウンチでも、1日に何回も
片づけなきゃならないのは大変です。

できればウンチの回数を減らしたいですよね。

なぜうちの子はこんなにウンチの回数や量が多いのかしら?

なぜウンチの回数が多い犬がいるのでしょうか?

それは食べているもの=ドッグフードの影響が大きいです。

本来肉食動物である犬の消化器官は、草食動物の消化器官と
くらべて短く、その分食べ物を消化、吸収できる量が少ないです。

そんな犬に消化が悪いものを食べさせると、十分に消化、
吸収ができず、そのままウンチとなって体外に出てきます。


つまりウンチの回数が多いということは、
消化が悪いものを食べている、ということなんです。

特に老犬は若いころより消化機能が衰えているので、
消化が悪いものを食べたら胃腸に負担がかかります。

ウンチの回数や量にも大きく影響します。

犬にとって消化がよいもの、消化が悪いものってナンだ!?

消化がよいもの・・・動物性タンパク質(肉や魚など)
消化が悪いもの・・・穀物(トウモロコシ、小麦など)

犬は本来肉食動物です。

歯や腸の長さを見ても、動物性の肉や魚を食べるのに
適した体を持っていることがわかります。

でも市販のドッグフードの中には穀物を多く含んだ
ものがたくさん販売されています。

穀物が多いフードを食べさせていると犬は十分に
消化することができず、自然とウンチの回数や量は多くなります。

前に書いたダックスフンドの飼い主さんも、
穀物の割合が多いフードを食べさせていたんです。

ウンチの回数や量を減らすためにやったたった1つのこと!

ダックスフンド10歳の飼い主さんが、愛犬のウンチの
回数、量を減らすためにやったたった一つのこと、


それはドッグフードの切り替えでした。

それまでの穀物配合のドッグフードから、グレインフリー、
肉がメインのフードに切り替えました。

これまでのフードに少しずつ新しいフードを混ぜて、
一週間ほどかけてフードを切り替えたそうです。

するとウンチに回数が1日4,5回から1日2回と半減。

色も形も硬さもいいそうで、片付けも楽、と
喜んでいました(^^

ダックスフンド老犬10歳の飼い主が選んだフードは?

ダックスフンドの飼い主さんが選んだのはカナガンでした。

実は私も盲導犬を引退したラブラドールを引き取って
世話していた時にあげていたのがカナガンでした(^^

  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 良質な平飼いチキンがたっぷり

ウンチの回数や量が少なくなるのに適していますね。

特に肉の中でもチキンは消化、吸収にすぐれているので、
ウンチの量が適正になりやすいんです。

良質な動物性タンパク質に加え、サツマイモ、リンゴ、
ニンジン、ホウレンソウなど野菜、果物もたっぷりなので、
栄養価にすぐれています。

しかも人工添加物不使用だから安心して、愛犬に
食べさせることができます。

 

関連記事:カナガンが他のフードより関節ケアにオススメの理由とは?

【参考】カナガンドッグフードお買得情報

参考までにカナガンドッグフードのお買得情報をご紹介します。


カナガンは公式サイトの定期コースがおトクです。

この定期コースには縛り回数がありません。
だからいつでも休止・変更ができる良心的なコースなんです。

高齢期に入ってモグワンを食べ始めたワンちゃんも多いです。

ウンチの回数や量が減れば、飼い主さんはめんどうなことから
解放され、精神的に楽になります。

これまで以上にワンちゃんと楽しく遊んだり、
世話をしたりできるようになります。

何より愛犬の健康にいいものをあげている、
という安心感は大きいです。

あなたも一度大切なパートナーに食べさせてみてはいかがでしょうか?