老犬がおやつしか食べません!餌を食べさせるにはどうする?

「うちの子が食べるのはおやつばっかり・・・」

「もうすこしごはんをたべてくれないかな・・・」

こんな悩みを持つ飼い主さんが多いです。

食べるものは愛犬の健康に大きく影響します。
特に老犬の食事には気をつかう必要があります。

おやつばかりでなくちゃんとご飯を食べてほしいですよね。


おやつしか食べない老犬にどうやって
ごはんを食べさせたらいいのでしょうか?

どうしてごはんを食べないの?老犬がおやつしか食べない理由

おやつもフードもまったく食べないなら
何らかの病気も考えられますが、おやつだけでも
食べるなら重大な病気ではないでしょう。

ただし不安だったらかかりつけ医に診てもらいましょう。

ではどんな理由が考えられるかというと

  • 加齢に伴い嗜好が変わった
  • おやつの方が好き
  • 飼い主さんがおやつを多くあげすぎている
  • おやつが主食だと思っている
  • おやつの方がやわらかくて食べやすい などなど

理由はひとつとは限りません。いずれにしても
おやつばかりでは老犬の健康にはいいとは言えません。

どうしておやつばっかりじゃダメなの?

安全な材料で作られたおやつも一部にはあります。

でもほとんどの犬用おやつには着色料、保湿剤、
凝固剤などの添加物が入っています。

また犬用ジャーキー、にぼし、ビスケットの
多くにはが入っています。

さらにドッグフードく比べ、犬のおやつは消化が悪いものが
多く、老犬が食べすぎると消化不良を起こしてしまいます。

ですからできるだけフードを食べさせる対策をして、
おやつの量は減らしていきましょう。

ごはんを食べないワンちゃんに食べさせる3つの方法

おやつばかりでは元気に過ごすことはできません。

そこでフードを食べてもらうための3つの方法をご紹介します。

その1:思い切ってフードを替えてみる!

高齢期に入り歯やあご、飲み込む力が弱くなります。

また味覚や好みも変わるため、今まで食べていたフードを
食べなくなり、おやつばかり食べる子がいます。

そんな時は思い切ってフードを替えるのが有効です。

特に良質な肉や魚を使ったフードに替えると、
食いつきがグッとよくなるでしょう。

その2:好きなものを混ぜるorトッピング!

フード全体の20%以内を目安に、愛犬の好きなものを
混ぜたり振りかけたりしてあげてください。

  • 馬肉
  • 犬用粉ミルク
  • かつお節
  • 無糖ヨーグルト
  • ジャーキーや乾燥ささみ
  • 愛犬の好きな野菜やくだもの

うちに盲導犬を引退したラブラドールがいたときは、
ヨーグルトや犬用ミルクを混ぜると喜んで食べていました。

その3:食事の与え方を工夫する!

食事の与え方を工夫してみましょう。

  • フードをぬるま湯でふやかす
  • フードを電子レンジで軽く温める

こうすることで香りが立ち、犬の食欲をそそります。

またぬるま湯でふやかすと、水分補給も同時にできますし、
柔らかくなるので歯やあご、飲み込みが弱った老犬には
食べやすいです。

さらに体がおとろえた老犬のために、器を食器台に乗せて
食べやすくしてあげましょう。

首や腰を大きく曲げずに食べることができ、食べたものが
スムーズにお腹の中に入っていきます。

まとめ

おやつしか食べない老犬に、どうやってフードを
食べさせるかについて解説しました。

おやつばかりを食べさせるのは危険です。

栄養価は高くないのに、余分な添加物などが多く、
人間がお菓子ばかり食べているようなものです。

おやつは食事と食事の間をつなぐほんの楽しみ程度にして、
質がいいごはんを食べさせてあげましょう。


参考までの当ブログでは犬の健康寿命をのばす
ドッグフードをランキングでご紹介しています。

お時間があるときにのぞいてみてくださいね。

 

★★★無添加&グレインフリーだけをご紹介!★★★