部屋が犬臭いと不評!?室内犬の体臭の原因と対策!

室内でラブラドールを飼っています。

先日友だちが来たのですが、「犬臭くて耐えられない!
と言って帰ってしまいました。

私にとっては家族同然なので、すごくショックでした。

犬を飼っているおうちではどうやって犬や室内の
消臭をしていますか?」

家の中が犬臭い・・・お客様は気になっています

大切な愛犬のニオイを犬臭い!と言われたらショックですよね。

でも家族だけなら臭いは気にならないでしょうが、
たまに来るお客様は気になるもの。

犬に限らず猫、その他の動物を長年飼っていると、
その臭いは知らず知らずのうちに家中に染みついています。

来客があったときに不快な思いをしないように
対策しておく必要がありますよね。


ここでは室内犬の臭い、またその臭いが染み込んだ
部屋のニオイを解消する方法
をご紹介します。

家の中が犬臭い!?室内が臭くなる原因とは?

部屋の犬臭さを解消する対策の前に、
部屋が犬臭くなる原因を解説します。

動物を飼っていれば、多かれ少なかれニオイはしますが、
以下の原因があるとよりニオイは臭くなります。

犬のケアを十分にしていない

愛犬のケアを十分にしていないと犬自身が
臭くなり、その臭いが室内にこもってしまいます。

シャンプーをしている方は多いと思いますが、耳掃除、
トイレのあとの陰部やお尻のふき取りなどをしていないと
犬自身が臭くなり、その臭いが部屋に充満してしまいます。

口内の汚れや外出後の足の汚れ、肛門腺をしぼっていない、
などもイヤな臭いの原因になってしまいます。

さらに高齢犬になるとその臭いが強くなることがあります。

家具や壁、犬が使っているものに臭いがついている

犬が使うおもちゃやグッズ。

さらにはカーペットやソファ、じゅうたんやカーテンなど。

長年室内で犬を飼っていると、これらのものに
知らず知らずのうちに犬の臭いが染み込んでしまいます。

それらの掃除を怠っていると、より臭いが染みついて
なかなか落ちなくなってしまっているでしょう。

いっしょに住んでいる家族は気にならなくても、
たまに来るお客様は犬臭いと感じてしまうのです。

もう臭くない!室内の犬臭さを消す3つの対策

ではここから室内の犬臭さを消す3つの対策をご紹介します。

その1:こまめに犬のケアをする

犬自身が臭かったら部屋も臭くなってしまいます。

ならば犬のケアをこまめにして臭いを抑えましょう。

  • 定期的(月1,2回)なシャンプー
  • こまめなブラッシングで汚れやほこりをとる
  • 顔や耳、足などをこまめに拭いてあげる
  • トイレのあとお尻や陰部を拭いてあげる
  • 肛門腺を定期的に絞る
  • こまめに歯磨きをする など

これらの対策をすることで犬自身のニオイを
抑えることができます。

その結果室内の犬臭さを消すことにつながります。

関連記事:犬の臭いはフード次第?体臭はドッグフードで消せる!?

その2:犬のグッズや部屋の掃除を徹底する

室内犬がいるお宅に訪問しても、臭いをあまり
感じない家があります。

そんなおうちはどこでも家の中に犬の臭いが
こもらないように、掃除を徹底しています。

フローリング、ソファ、犬が使っているおもちゃなど
こまめに掃除をして犬の臭いを消すことが大切です。

またウンチやおしっこをしたらシートをすぐに片付ける、
トイレ後はすぐに消毒用エタノールでトイレの周囲を
ふいてキレイにする、などの対策も必要です。

その3:ペット用消臭剤を使う

以上の対策をやったとしても、犬の臭いは
どうしても室内に残ってしまうものです。

犬のケアや掃除は不可欠ですが、それだけで
臭いを抑えるのは限度がありますよね。


そんな時に便利なのがペットの臭いを
消してくれる消臭剤
です。

一般の消臭剤、芳香剤は香りで他のニオイを
ごまかしているだけです。

また犬や猫の体に有害なものさえあります。

今では犬や猫の口や目に入っても安全な
消臭剤がいくつか販売されています。

犬の体のケア、こまめな掃除とともに消臭剤を
使うことで、室内の犬臭さを解消することができます。

まとめ:3つの対策でもう犬臭いなんて言わせない!

以上ご紹介した3つの対策をすることで、
室内の犬臭さを消すことができます。

どれも当たり前のことですが、当たり前のことを
きちんとすることで、突然の来客にもあわてずに
すむことができます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。