肥満気味の柴犬12歳のダイエット!健康的にやせさせるには?

私が時々行く料理店のワンちゃんは柴犬のゆき11歳

すごく賢くてやさしい子なのですが、今の悩みは
ちょっと太っていること。

初めて飼った犬ということで、飼い主家族が
甘やかして食べさせてしまっていたからのようです。

11歳といえばもう老犬。今後のことを考えると、
体重を減らして健康に長生きして欲しいですよね。


老犬を健康的にやせさせるにはどうしたらいいでしょうか?

なぜ太ってしまったのか?いえいえ飼い主さんが太らせたのです!

犬は高齢期に入ると代謝が落ち、運動量も減ります。
そのため太ってしまうワンちゃんもいます。


しかし犬が太る理由として最も多いのが
ごはんやおやつの与えすぎです。

犬は人間のように勝手に冷蔵庫をあけてつまみ食い
したり、コンビニでスイーツやジュースを買って
食べたりしません。

飼い主家族が与えたものだけを食べます。

犬種や年齢に合わせて適切な量をあげていれば、
多少散歩をしなかったところで太ることはありません。

それなのに太ったのは食べさせ過ぎたからです。

「太ってしまった」のではなく、飼い主さんが「太らせた」のです。

この点を理解したうえで愛犬のダイエットを始めましょう!

ダイエット開始前に!目標体重を設定する

私たち人間もダイエットをする歳、マイナス〇kgとか
目標体重を決めてから始めますよね。

同じように老犬のダイエットも目標体重を
決めてから始めましょう。

では肥満が気になる老犬はどのくらいの体重を
目指せばいいのか?わかりやすい目安があります。

 1歳時の体重です。

犬の1歳は人間に換算すると17歳、高校生です。

ある程度年齢が高い人がダイエットする際も、
17歳~20歳の体重を目指すのがいいとされています。

老犬のダイエットも1歳時の体重を目標に
始めることをオススメします。

老犬のダイエットを成功させる基本の考え方!

犬が太る最も大きな原因は「ごはんやおやつの与えすぎ」
という説明をしました。

ですからダイエットにおいても、食事の質や量を調節
することをメインに
取り組んでいきましょう。

たしかに運動することはダイエットに効果はありますが、
とんでもない量の運動をしないと体重は落ちません。

若い犬でも大変なのに、足腰や心肺機能が衰えた
老犬にそんなに運動をさせることはできませんよね。


ですから老犬のダイエットは食事がメイン。
運動はサブと考えて取り組んでいきましょう!

老犬を健康的にムリなくダイエットさせる3つのポイント!

それでは老犬を健康的にやせさせる3つのポイントをご紹介します。

その1:ドッグフードを見直す!

前に説明した通り、老犬のダイエットは食事がメイン。
そのためには日ごろ食べているものを見直す必要があります。

見直すのはフードの質と量です。

とはいえいきなり食事量を減らすと犬も
ストレスがたまり、続けるのが大変です。

ですからドッグフード自体を見直しましょう。

老犬のダイエットに適しているのは

  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 動物性タンパク質がメイン
  • カロリー、脂質が控えめ

のフードです。

とくに穀物(小麦、トウモロコシなど)が入ったフードは、
犬が十分に消化できないのでダイエットはむずかしいです。

その2:ダイエット中のおやつは控えて!

そもそもおやつは栄養面から見て、どうしても
必要なものではありません。

おやつは犬の食いつきをよくするために、高カロリーで
作られていたり、中には添加物が入ったものまであります。

ついついかわいいから、と知らず知らずにうちに
おやつを食べさせてきませんでしたか?

自分だけならちょっとくらいいいだろう、と思い、
家族みんながあげていては、かなりのカロリー数に
なってしまいます。

それではダイエットはうまくいきませんよね。

おやつを控えることはダイエットだけでなく、
全身の健康状態をよくします。

元気で長生きしてもらうためにダイエット期間中は
おやつは控えましょう。

関連記事:犬におやつは必要ですか?フードを食べなくなるからダメ?

その3:ムリのない範囲で運動させる!

老犬のダイエットはあくまで食事管理をメインに。
運動はくれぐれも無理のない範囲で。

具体的には散歩の習慣のあるワンちゃんなら、
これまでよりちょっとだけ距離を伸ばす。

関節炎などがあり散歩をいやがる犬なら、カートに
のせたり抱っこしたりして公園に連れていき、
ちょっとだけでも遊ばせる。

庭やベランダで遊ばせるのもいいですね。

どのくらい運動させればいいか判断がつかない方は、
かかりつけ医と相談するのがいいでしょう。

関連記事:適度に歩いて若さを保つ!老犬、高齢犬の運動不足解消法!

まとめ:老犬のダイエットは食事管理がメイン!
ドッグフードを見直す
ダイエット中のおやつは控えて
ムリのない範囲で運動させる

【参考】老犬のダイエットにおすすめのドッグフードのご紹介

老犬のダイエットにモグワンを試してみてはいかがでしょうか?

 チキン&サーモンメイン(穀物は使っていない)

チキンとサーモンが50%以上、野菜、フルーツもたっぷり。

穀物を使っていないから消化、吸収、排せつにすぐれ、
健康的にやせるには最適なのです。

 カロリー&脂肪分控えめ

344kcal(100g当たり)、粗脂肪分12%。

他のフードとくらべても低カロリー、低脂肪。

さらに人工添加物不使用だから飼い主さんも安心。

犬が必要な栄養を摂りつつダイエットができて、
しかも健康に役立つフードと言えます。

関連記事:なぜモグワンはダイエット目的の飼い主に選ばれるのか?

モグワンを食べてくれるか不安、という方に100円お試しモニター!

「モグワンってよさそうだけど、うちの子が食べてくれるか不安・・・」

こんな飼い主さんのためにモグワン100円モニターがあります。

100円でたっぷり100g!あなたのワンちゃんの
食いつきをたしかめることができます。

参加条件はたった1分で済むアンケートに答えるだけ。

利用しないと損しちゃうかも!?

モグワン100円モニターについては以下のページで詳しく解説しています。

 

★★★たっぷり試せる100g!モグワン100円モニター★★★