視力を失う老犬の目の病気~飼い主はどうケアする?

犬はヒトの何倍ものスピードで年をとります。

年をとれば体にさまざまなトラブルが起こります。

中でも目のトラブルは視力を失うこともあるこわいものです。


ここでは視力を失いかねない老犬の目の病気について
まとめました。

さらには万が一視力を失ったとき、どう向き合い
ケアをしていけばいいか、まとめました。

視力を失いかねない老犬の目の病気とは?

犬はもともと視力がよくなく、聴覚や嗅覚に頼って行動しています。

そのため検査をしていないと、視力が多少衰えても
飼い主さんが気が付かないことがあります。

最悪の場合視力を失いかねません。

そうなると犬は不安やストレスを感じ、寿命にも
大きく影響してしまいます。

そうならないよう犬の目の病気について知っておく必要があります。

老犬に多い、視力を失う可能性のある3つの病気について解説します。

緑内障

目の眼圧が上がることで視野が狭窄してしまう病気です。

一度失われた視野は治療によって回復することはありません。

最悪の場合、視力を失う可能性があります。

治療は眼圧を下げるための点眼液や内服薬を処方します。

白内障

人間にも多い白内障。水晶体が白く濁ってしまう病気です。

原因ははっきりしていませんが、遺伝、老化が原因と
言われています。

進行した白内障は手術により治療します。

軽度の場合、内服薬や点眼薬で様子を見ます。

進行性網膜萎縮

発症頻度は高くありませんが、網膜が委縮することで
視力低下を起こします。視力を失うこともあります。

予防も治療法も現段階では見つかっていません。

視力が衰えた老犬を飼い主はどうケアすべきか?

愛犬の視力が衰えたとき、飼い主さんはどんな
お世話をすればいいのでしょうか。

まず室内犬の場合、家具の配置は今までと同じにしましょう。

犬は家の中の部屋の配置や家具がある場所などを記憶しています。
そのレイアウトが大きく変わると混乱してしまいます。

また床材はすべりにくいものに替えてけがを防ぎます。

散歩の際は段差でつまづいたり、転んだりしないよう、
気を遣ってあげましょう。

必要なら介護用ハーネスを使いましょう。

目が見えず、外を歩くのをいやがる場合、
抱っこしたりカートに乗せたりして、外の空気を
感じさせてあげましょう。

最後に飼い主さんはできるだけ声をかけて、体を
さわってあげましょう。

きっとワンちゃんは安心するはずですから。

まとめ

犬は自分から言葉に出して体調の変化を伝えることができません。

目の病気は徐々に進行するものが多く、飼い主さんが
気が付かないケースが多いです。

定期的に検査を受けることで、手遅れになることを
防ぐようにしましょう。

犬にとって一番必要なのは飼い主さんの愛情です。

いつも愛情をもって愛犬の不安を取り除いてあげましょう。