6月からでは遅すぎる!?老犬の夏バテ対策!食事、予防など

年々暑くなっていく日本の夏・・・酷暑はもはや当たり前。

それだけに飼い主さんは愛犬の夏バテ、熱中症には
十分注意する必要があります。

被毛におおわれた犬は、人間より暑さに弱いですからね。

特に体力が衰えた老犬はより一層の配慮が必要です。


ここでは老犬の夏バテ対策についてまとめました。

 

>>>すぐに老犬の夏バテ対策を見る!

犬が快適に過ごせる温度は?6月からでは対策は遅い!?

盲導犬のパピーウォーカー、リタイア犬ボランティアの経験、
またペット犬を飼った経験から、犬は25℃を超えると
熱くてつらそうだな、という印象を持っていました。

諸説ありますが22~25℃が犬にとって快適な温度と言えそうです。

私の住む関東の地方都市では、近年5月には25℃を
超える日は何日もありますし、30℃を超える日もあります。

つまり5月から犬の夏バテには気をつける必要がある、
ということなんです。

 

関連記事:老犬の命に関わる熱中症!症状、応急処置、予防策など

高齢期の犬は特に注意!夏の暑さは致命的

高齢期の犬は暑さに対する感覚が鈍くなります。

若いころは暑くなったらすずしい場所に移動して、
暑さに対応することができたでしょう。

でも老犬になると暑さを感じにくくなっているので、
その場所の居続けて、致命的になってしまうことがあります。

また犬は体温を下げるためにハーハーと短い呼吸を
繰り返すパンティングをします。

パンティングは体力を使うため、心肺機能が衰えた
老犬にはとてもこたえます。

暑い季節は老犬にはより一層配慮する必要があるんです。

こんなサインを見逃さない!犬の夏バテの症状とは?

暑い日に愛犬がこんなサインを出していたら要注意です。

  • 口を開けてハーハー呼吸する(パンティング)
  • いつもより元気がなくなる
  • ぐったりしている
  • 食欲がなくなる
  • 寝てばかりいる

熱中症が短時間で一気に症状が出るのに対して、
夏バテの症状はジワリジワリとあらわれます。

気温が25度を超える日が多くなったら、
愛犬のこんなサインを見逃さないようにしましょう。

老犬の夏バテ防止!4つの対策をご紹介

その1:何はともあれ食事で栄養補給!

暑いと食欲がなくなるワンちゃんもいるでしょう。

でも食べないと夏バテしやすいので、最低限の
ご飯は食べてもらわなければなりません。

成犬の頃なら出したものを食べなければ容器を下げる、
などきびしくしていたかもしれません。

でも老犬の場合、食べさせるためだったら少しくらい
甘やかしても問題ありません。

好きな食材をトッピングまたはご飯に混ぜて
食欲をそそるようにしてあげましょう。

うちにいた老犬ラブラドールは、鶏肉や野菜で取った
スープやヨーグルト水でフードをふやかすと
喜んで食べていました。

おやつをあげるなら夏にとれるスイカやトマトなど
がオススメです。

体を冷やす効果があり、水分補給にもなります。

その2:水分補給は飲ませる工夫を!

老犬は水分の摂取量が減ることが多いです。

ですから飼い主さんは愛犬にしっかり水分を
とらせる工夫をする必要があります。

いつでも水が飲めるようにしておくことは大事です。

もし積極的に水を飲まない場合、犬用ミルクやヨーグルトなど
ワンちゃんが好きなものを水にまぜると喜んで飲む子もいます。

最近は犬用スポーツドリンクもあるので上手に利用しましょう!

その3:散歩は時間帯に注意!

犬はヒトより体高が低く、地面からの熱をもろに受けます。

足をやけどすることもあるので、日中の散歩は避けましょう。

目安はアスファルトを手でさわってみて暑くない!
と感じたら散歩はOKです。

老犬になってもムリのない程度に散歩することは
老化防止に役立ちます。

関連記事:老犬、高齢犬の運動不足解消法!適度に歩いて若さを保つ!

愛犬の体調をよく観察して散歩に連れていって
あげてくださいね。

その4:適切な温度管理で夏バテ予防!

個体差はありますが、多くの犬は25℃を超えると
暑さにより体調を崩しがちになります。

ヒトの場合、夏のエアコンの設定温度は28℃ほど
ですが、老犬の場合25℃を目安に温度設定しましょう。

25℃でも暑さを感じているようなら少し下げたほうがいいですね。

ちなみに被毛におおわれた犬は扇風機の風では
すずしさを感じないようです(^^

ひんやりマットを用意すると犬は喜んで使います。

室外犬はできれば家の中に避難させ、もしできないなら
日陰を作って暑さを和らげてあげましょう。

まとめ

ただでさえ犬は暑さに弱い動物です。

まして老犬は体力が衰えていますから、
飼い主さんが配慮や体調管理をする必要があります。

夏は夏バテや熱中症にならないよう気をつけて、
愛犬とのいい思い出を作りたいですね。