老犬の便秘解消法!ウンチが出ないのは病気のサイン?

14歳のビーグル(女の子)のウンチが出ません。
何かよい方法はないでしょうか?

少しはするのですが、かたくて、なかなかでなくて
苦しそうで、見ていてつらいです。

できれば気持ちよく排便させてあげたいです。」

老犬、シニア犬の便秘の悩みです。
なかなか出ないワンちゃんの様子を見るのは
飼い主としてはつらいですよね。


そこでここでは老犬の便秘解消についてまとめました。

1日何回ウンチをすれば便秘じゃない?

健康状態が悪くなければ、1日2回前後
ウンチをするワンちゃんが多いです。

ただ食べるものや運動、生活環境によって
1日のウンチの回数は変わります。

子犬の頃はもう少し回数は多いです。

ちなみに犬は体を動かしたときによくウンチをします。

だから遊んだ後や散歩中にする子が多いんですね。

老犬、シニア犬の便秘で特に心配なケースは?

ときどき便が出ないことがある、という場合は
さほど心配する必要はないでしょう。


しかし2日以上ウンチが出なければ、かかりつけ医に
相談することをオススメします。

何らかの病気の可能性があるからです。

その際ワンちゃんの様子をよく観察しましょう。

苦しそうにしている、体力が消耗しているなどの
様子があれば、獣医に伝えてくださいね。

ウンチが出ない!?老犬の便秘の原因は?

  • 食事が合わない
  • 運動不足
  • 精神的なストレス
  • 水分不足
  • 異物誤飲、病気

などが犬の便秘の原因です。

また老犬特有の便秘の原因として

  • 体力、筋力の衰えで自力で排便できない
  • 消化器官の衰え

などがあげられます。

老犬の便秘解消法のために飼い主さんができる3つのこと!

ではここから具体的な老犬、シニア犬の便秘解消です。

どれもむずかしくないので、ぜひ試してみてくださいね。

その1:十分な水分を与える!

体内の水分が不足すると、身体は自然と外に出す
水分の量を少なくしようとします。

すると便に含まれる水分量も少なくしようとします。

水分量が少ない便は硬くカチカチになり、腸内を
スムーズに流れず便秘になってしまいます。

そこでしっかり水分をとらせる必要があります。

ただ水をあげても飲まない子もいるので、ペット用粉ミルクを
水で溶く、フードをぬるま湯でふやかす、などして
水分補給をさせましょう。

その2:グレインフリー(穀物不使用)のフードに替える!

ドッグフードの原材料欄にトウモロコシ、小麦、フスマ、
コーングルテンミールなど、穀物が入ったフードをあげていると
犬は便秘をしやすくなります。

犬は穀物を消化する酵素・アミラーゼを少ししか持っていません。

穀物を食べることはできますが、十分に消化ができず、
便秘になってしまいます。

ですからグレインフリー(穀物不使用)のフードを選びましょう。

犬の体に合った肉、魚などの動物性タンパク質が
メインのドッグフードがいいですね。

参考までに当ブログでは、犬の健康寿命をのばす
ドッグフードをランキングでご紹介しています。

すべてグレインフリー、動物性タンパク質メインのフードです。

参考にしてみてくださいね。

 愛犬の傾向寿命をのばすドッグフードランキングを見る

その3:発酵食品を与える!

発酵食品には腸内の善玉菌として働くビフィズス菌や
乳酸菌が入っているため、腸内環境を整える効果があります。

そこで納豆、ヨーグルト、オリゴ糖や乳酸菌・ビフィズス菌
などを配合したサプリメントを食生活に取り入れましょう。

うちに盲導犬を引退したラブラドールがいたときは、ヨーグルト
の上にたまる水分・ホエイをドッグフードにかけたり、水に
くわえて飲ませたりしていました。

とても喜んで食べたり飲んだりしてくれましたし、
おなかの調子もよくなりました!

まとめ

便秘は万病のもととも言えます。
それは人間にとっても犬にとっても同じです。

もし便秘が続くようだったら、まずはかかりつけ医に
診てもらってくださいね。

基本的には毎日の運動と正しい食生活が対策の基本です。

大切な愛犬の健康を守ってあげましょう。