3つのポイント!ダイエットが必要な老犬用ドッグフードの選び方

老犬のダイエットにはどんなドッグフードを選んだらいいのでしょうか?

高齢期になると代謝が悪くなり、若いころは活発だった
ワンちゃんの運動量も減ります。

そのためそれまでと同じような食事をしていると、
太りやすくなります。

肥満は犬の健康寿命に大きく影響するので、
飼い主さんは十分配慮する必要があります。


そこで老犬のダイエットのためのドッグフードを選ぶ
3つのポイントをご紹介します。

また私が盲導犬を引退したラブラドールを世話していた時に
食べさせていたドッグフードのご紹介もしますね。

3つのポイント!ダイエットが必要な老犬用ドッグフードの選び方

老犬のダイエットのためには、以下の3つのポイントに
気をつけてドッグフードを選ぶようにしましょう。

その1:穀物不使用(グレインフリー)のドッグフード!

犬は本来肉食動物です。

家庭でペットとして飼われるようになり、穀物配合の
ペットフードを食べるようにはなりました。

しかし犬は穀物(小麦、トウモロコシなど)を消化するための
消化酵素(アミラーゼ)を十分に持っていないため、
消化不良を起こしてしまいます。

また穀物の炭水化物は血液中で糖分として吸収されるため、
脂肪が付きやすくなります。

犬の健康を考えるならグレインフリーのドッグフードを選びましょう。

その2:肉や魚など動物性タンパク質がメインのドッグフード!

本来肉食の犬には肉、魚などの動物性タンパク質が必要です。

それは老犬、シニア犬になっても同じことです。

「老犬のダイエットにはお肉はよくないんじゃない!?」

と考えがちですが、そんなことはありません。

皮膚、被毛、血液、筋肉などはすべてたんぱく質でできています。

これらを作るためには動物性タンパク質が必要なんです。

ただしタンパク質は良質であることが条件です。

肉食の過程で出る、肉副産物や、いわゆる4Ⅾミートと呼ばれる
低品質な原材料が含まれたフードは選ばないようにしましょう。

その3:低めのカロリーのドッグフード!

ダイエット、体重管理が目的の場合、カロリー数が
低めのドッグフードを選ぶのがポイントです。

肉でカロリー数を比較すると

豚肉>牛肉>鶏肉

鶏肉(チキン)が一番エネルギー量が低いです。

鶏肉(チキン)をメインに使っているフードなら、
高タンパク質でありながら低カロリー。

老犬のダイエットには適している、と言えますね。

肥満が気になるシニア犬最もオススメのドッグフードは?


肥満が気になる老犬、シニア犬に最もオススメできる
ドッグフードはモグワンです。

  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 良質なチキンとサーモンがたっぷり
  • カロリー数:344kcal(100g当たり)と他のフードより低め
  • 脂質12%と控えめ

うちで盲導犬を引退したラブラドールを引き取り、
世話をしていた時に食べさせていたのがモグワンでした。

モグワンのためかはわかりませんが、おかげで
ラブラドールの平均寿命を超えて生きることができました。

だから自信をもってオススメすることができます。

モグワンを試したい!でも食べてくれるか不安という方には

「うちの子はモグワンを食べてくれるかしら・・・?」

というかたに、モグワン100円モニターがあります。

100円でたっぷり100g、愛犬の食いつきを試すことができます。

酸化の条件は、1分もかからないアンケートに答えるだけだから、
利用しないともったいないですね。

ぜひあなたのワンちゃんにおいしくて体にやさしいフードを
食べさせてあげてくださいね。

なおモグワン100円モニターについて以下のページでも
詳しく解説しています。

 

>>>しっかり試せる100g!モグワンお試し100円は超おトク!

老犬のダイエットは適度な運動も組み合わせて!

老犬のダイエットには適度な運動も必要です。

「もう歳だから家でゆっくり過ごしてね!」

などと思いがちですが、そんなことをしたら
ワンちゃんの老化はいっそう早くなってしまいます。

ムリのない範囲で散歩や遊びをすることでリフレッシュし、
いつまでも若い気持ちを保つことができます。

もし歩くのがむずかしいなら、抱っこしたりカートの
のせたりして、外に出るだけでも違います。

食事と運動をうまく組み合わせて、ワンちゃんの健康を
守ってあげましょう。

なお老犬の運動について以下のページでも詳しく解説しています。

 

>>>老犬、シニア犬の運動不足解消法!適度に歩いて若さを保つ!