ナチュロルには危険な原材料は入っていませんよね?

ナチュロルは危険な原材料は使っていないのでしょうか?

国産の中では数少ない無添加、グレインフリーの
フードであるナチュロル。

海外生産のフードとちがい、輸送に時間がかからず、
いい状態のものが手に入るというメリットもあります。


ここではナチュロルの原材料を徹底分析。
その安全性に迫ります。

関連記事:ナチュロルドッグフード愛用者の口コミ!悪い評判もご紹介!

ナチュロルドッグフード基本情報

販売会社 楽しい製薬株式会社
原産国 日本
対象 全年齢・全犬種対応
価格
  • 通常価格6,000円(850g×2)
  • 定期コース初回100円(30g)、2回目以降4,980円(850g×2)
特徴
  • グレインフリー
  • グルテンフリー
  • 人工添加物不使用
  • 安定・持続型ビタミンC配合
  • 獣医師・ペット栄養管理士と共同開発
  • リピート率96.9%

楽しい製薬株式会社という社名にちょっと笑ってしまいますが・・・

特徴を見る限りはかなり期待ができるフードのようですね。

では次に原材料を見ていきます。

ナチュロルドッグフードの原材料

新鮮牛生肉(北海道・兵庫県産)、新鮮鶏生肉(兵庫県産)、
新鮮馬生肉(カナダ産)、新鮮魚生肉(兵庫県産)、
タピオカ(タイ産)、魚粉(北海道・長崎産)、紫さつまいも
(タイ産)、チーズ(国産)、ココナッツ(フィリピン)、
りんご繊維、鶏粉末、胡麻、ひまわり油、乳清、安定持続型ビタミンC、
天然バイオフラボノイド、海藻、脱脂粉乳、オリゴ糖、乳酸菌

パッとすぐわかるのは

  • 穀物(小麦、トウモロコシなど)不使用
  • 肉副産物(○○ミールなど)不使用

であること。さすがプレミアムフードです。

またほとんどの原材料の産地を明記してある点は非常に好感が持てます。

さらに主要な原材料が国産であることも安心できますね。

ナチュロルに危険、または危険な原材料は入っている?

 ナチュロルには危険、または気になる原材料は入っていません。

もしあなたのワンちゃんがナチュロルの原材料に
アレルギーがあったり、体質に合わない場合は
注意が必要です。

しかし原材料に問題があるものはない、
と言えるでしょう。

ナチュロルドッグフードの成分値をチェック!

粗たんぱく質23~27.00%、粗脂肪7~9.00%以上、粗繊維2~4.00%、
水分9.00%以下、安定・持続型ビタミンC1,000㎎/㎏、
天然バイオフラボノイド200㎎/㎏、代謝エネルギー約400kcal/100g

特筆すべきは安定・持続型ビタミンC1,000㎎配合という点です。

人用のサプリにも使われる成分をドッグフードに世界初配合。
体の酸化を防ぐので、老化防止に期待ができます。

粗タンパク質も十分なので、肉食の犬には合っています。


ただ100g当たりエネルギーが他のプレミアムフード
に比べて高いこと。

例えばモグワンは100g当たり344kcalですから、
ナチュロルはモグワンより16%ほどカロリーが高いです。

給与量で調節することは可能ですが、太り気味の
ワンちゃんや運動量が少ない子、老犬が食べる場合は
注意が必要です。

まとめ:プレミアムフードにふさわしい納得のフード!

他のプレミアムフードに比べ価格が高いこと、
またカロリー数も高いことは気になります。

しかしナチュロルの原材料、成分はプレミアムフードとして
申し分のない
内容であることがわかります。

まずは100円モニターで食いつきを試してみてはいかがでしょうか?

 

★★★「ナチュロル」100円モニターはこちら★★★