愛犬が去勢後に太った!手術後のダイエットはどうする?

生後1年を過ぎたオスのトイプードルです。

2か月前に去勢手術をした後、太ってしまいました。

300gほど増えて3.9kg、ちょっとふっくらとしたのがわかります。

獣医さんからは食事に気をつけて、と言われたのに
太らせてしまい、反省ばかりです。

太らないようにするにはどんなことに注意したらいいですか?

望まない妊娠を避けられる去勢手術!一方デメリットも

トイプードルに限らず、去勢手術後に太ってしまった
という犬は少なくありません。

望まない妊娠を防ぐことができる、生殖器の関する病気の
リスクを下げる、性格が穏やかになるなどのメリットがあります。

その一方で太りやすくなるというデメリットもあります。

先にご紹介したトイプードルはまさにこのデメリットに
当てはまってしまったんですね。

なぜ去勢手術をすると太りやすくなるのか?

去勢手術を受けた後は、性ホルモンの分泌がなくなる、
つまりホルモンのバランスがくずれるため太りやすくなります。

またそれまで生殖機能を維持するために消費していた
カロリーが使われなくなり、その分太ってしまう
ことがあります。

さらに繁殖する欲求がなくなり、その分が食欲に
変わるため、太りやすくなるという説もあるようです。

ついつい甘やかしてしまう飼い主さんもいるようですね。

手術をがんばったんだから早く元気になってほしい、
などとついついおやつをあげてしまい、その結果
太ってしまうワンちゃんもいるようです。

去勢手術後のダイエット・体重管理で大切な3つのこと


太りやすくなる去勢手術後のダイエット・体重管理で、
最も大切なのは食事です。

運動も大切ですが、運動だけでダイエットしようと
思ったら、とんでもない時間の散歩や運動が必要です。

ですからおやつを含めた食事を飼い主さんが管理して
やることで、体重管理をしてあげてください。

ここでは3つのポイントをご紹介します。

その1:高タンパク質かつ低カロリーのフードを選ぶ!

去勢後にこれまでと同じ量を食べて太る場合は、
フードそのものを見直す必要があります。

太ってしまった場合は、カロリー低めのものに
替えるのがいいです。

ただし動物性タンパク質をしっかり含んだフード
ある必要があります。

今でこそペット犬は雑食に近い食生活をしていますが、
本来は肉食動物だからです。

小麦、トウモロコシなど植物性タンパク質がメインの
フードは、消化不良やアレルギーを起こしかねませんから、
選ばないでください。

関連記事:【危険!?】こんなドッグフードは買ってはいけない!

その2:おやつを減らす!

おやつは意外と高カロリー。添加物を使ったものも多いです。

おやつをなくすだけでも1日に総カロリー数を減らすことができます。

太りやすくなった子は体重を見ながら間食を減らすようにしましょう。

ただし小さいうちはアイコンタクト、お座り、オイデなどの
訓練をする時、おやつをご褒美に使うと効果的です。

私がパピーウォーカーをやっていた時もおやつを使っていました。

量を与えすぎないように、上手に使っていきましょう。

その3:散歩など軽い運動をする!

体重を管理するためには食事管理が基本です。

しかし散歩など軽い運動をすることも体重管理には必要です。

去勢手術を受けた後はぐったりと元気がないかもしれませんが、
体力が戻り始めたら、散歩など適度な運動をしましょう。

まずは家の中でボール遊びなどから始めるのがいいですね。

愛犬の体調に合わせて、ムリをしないように行いましょう。

 

去勢手術後の体重管理3つのポイント
  • 高タンパク質低カロリーのドッグフードを選ぶ
  • おやつを減らす
  • 散歩など軽い運動をする

大変な手術をがんばって受けた愛犬のために、
しっかり体重管理をして、肥満による病気に
ならないようにしてあげましょう!

 

【参考】去勢手術後におすすめのドッグフードのご紹介

参考までに矯正手術を受けたワンちゃんにおすすめの
ドッグフードを1つご紹介します。

 モグワンです。

  • 他のプレミアムフードの比べ低カロリー(100g当たり334kcal)
  • チキン、サーモンがたっぷり50%以上
  • 無添加、グレインフリー

 

全年齢対応なので、愛犬が気に入ったらずっと
続けていくことができます。

私も以前飼っていた犬に食べさせていました!

ダイエットや体重管理目的でモグワンを選ぶ
飼い主さんも多いです。

関連記事:なぜモグワンはダイエット目的の飼い主に選ばれるのか?

100円モニターでお試しがしやすいのもうれしいポイント。

愛犬の体重が気になる飼い主さんは一度試してみてはいかがでしょうか。