皮膚病?腫瘍?老犬の皮膚にかさぶたができる原因は?

犬の肌はとても繊細。皮膚トラブルが少なくありません。

老犬になるとさらに肌が弱くなります。

そのためかさぶたを伴う肌トラブルを起こすことがあります。


ここでは老犬の肌にかさぶたができる原因
についてまとめました。

老犬のかさぶたってはがしていいの?

犬の肌も人間の肌もケガをしたり外部からの刺激を
受けたりして傷がつくと、その後かさぶたができます。

かさぶたはばい菌などが入らないように皮膚を
守る働きがあります。


ですから犬の肌にかさぶたを見つけた場合、
むやみにはがしてはいけません。

ムリにはがしてしまうとせっかく治りかけている
傷口からばい菌などが入ってしまい、治りが遅く
なってしまうからです。

次に犬の肌にかさぶたができる原因を見ていきます。

老犬の皮膚にかさぶたができる原因とは?

  • けが
  • 皮膚病(腫瘍を含む)

この2つが犬の皮膚にかさぶたができる原因です。

けがについては特に説明は必要ないと思いますが、
大きなけがの場合は早めに動物病院に連れていきましょう。

ここからはかさぶたができる皮膚病について
詳しく説明していきます。

膿皮症

犬の皮膚病の中で最も多いのが膿皮症です。

背中やお腹、耳の裏などさまざまな場所にあらわれ、
強いかゆみを伴います。

免疫力が低下した際、毛穴や傷口からブドウ球菌が
入り込むことで起きる皮膚病です。

犬がかゆがっている様子が見られたら、膿皮症の
可能性を疑って、すぐにでも動物病院に連れていきましょう。

疥癬(かいせん)

ヒゼンダニというダニが寄生することで起きる皮膚病。

激しいかゆみがあり、掻くと皮膚にかさぶたができやすい。

ダニを殺す薬剤を投与したり、薬用シャンプーでダニを殺す
治療をします。

薬用シャンプーは成虫だけに効果があり、卵には効かないので
粘り強く使い続ける必要があります。

脂漏症

別名マセラチア皮膚炎。犬に多い皮膚病です。

マセラチアは犬の肌にいる常在菌で、なんらかの
理由で増殖、皮膚が炎症を起こし、フケ、異臭、
強いかゆみを伴います。

痒みが強いのでかきむしると脱毛、かさぶたができます。

マセラチアに効果があるシャンプーで洗浄する治療を行います。

アトピー性皮膚炎

人間と同じく犬にもアトピー性皮膚炎があります。

強いかゆみを伴うので、かきむしることでかさぶたができます。

完治がむずかしい病気と言われています。

腫瘍

腫瘍により皮膚にかさぶたができることがあります。

良性と悪性があり、悪性の場合は進行が早く、
治療が遅れると命に関わることがあります。

まとめ

ここまで見てきたように、犬の肌にはケガ以外にも
皮膚病が原因でかさぶたができることがあります。

皮膚病の中には悪性腫瘍のように、治療が遅れると
取り返しのつかなくなるものもあります。

強いかゆみを伴う皮膚病もあり、治療しないと
愛犬が苦しむことにもなります。

特に老犬の肌は若いころに比べ弱くなっているので、
早めに発見して動物病院に連れていくようにしましょう。