老犬ポメラニアンの皮膚の痒み?飼い主が試した改善策とは?

仕事を通じて知り合った女性が飼っているポメラニアン。

8歳の女の子ですが、少し前から体をかゆがるようになったそう。

老犬になると食欲不振便秘などさまざまなトラブルが出てきます。

ポメラニアンには皮膚疾患にアロペシアX(脱毛症X)が
多いのですが、その子は違うそうです。

アロペシアXは脱毛を伴いますが、痒みがないのが特徴ですから。


今回は老犬の皮膚のかゆみの原因、そしてポメラニアン(9歳)の
飼い主さんが試した改善策をご紹介しますね。

犬が皮膚をかゆがる原因は?主にどんなものが?

犬が皮膚をかゆがる原因は以下のようなものがあります。

 犬アトピー性皮膚炎

 ノミアレルギー性皮膚炎

 膿皮症

ブドウ球菌など皮膚の常在菌が異常繁殖、炎症を起こします。
中心部に膿を持っているのが特徴。

 マセラチア皮膚炎

酵母菌というカビの一種が増殖、炎症やかゆみを引き起こす。
皮膚炎と外耳炎が主な症状

 犬疥癬

イヌセンコウヒゼンダニに寄生により、激しいかゆみがある。

 皮膚の腫瘍

他にミミヒゼンダニというダニが耳の中に寄生することにより、
耳の中のかゆみを引き起こすミミヒゼンダニ感染症などがあります。

パピーウォーカーで預かったチョコラブも耳ダニの
感染症になり、治療を受けた経験があります(^^;

ワンちゃんのかゆみが続くようであれば、なるべく早く
獣医師に診てもらい治療をしてもらいましょう。

もしお薬を使うのであれば、飼い主の判断で投薬を
やめることがないよう、根気強く治療を続けることが大切です。

ポメラニアン(9歳)の飼い主さんがまず調べたことは・・・?

彼女(飼い主)は愛犬を動物病院に連れていきましたが、
上で紹介したような疾患とは診断されなかったそうです。

そこでいろいろと調べていくうちに、その飼い主さんが
思いついたことはフードが原因ではないか、ということ。

それまでは長年動物病院ですすめられたフードを
食べさせていたそうです。

長年それで何もなかったのですが、愛犬が9歳になった
今になってようやくドッグフードについて調べたそうです。

獣医師がすすめるフードは絶対にいいフードなのか?

ドッグフードはどれも同じ、ならば獣医師さんがすすめる
ものがいいだろう、ということで食べさせていました。

私も以前同じように思っていました。

そこで彼女は何冊も本を買ったり図書館で借りて調べたりすると
今までのフードは犬にとってけっしていいフードではなかった
ことを知ったそうです。

しっかりとしたドッグフードの知識があって、ワンちゃんに
合ったいいフードをすすめてくれる場合もあります。

ただ一部には、ドッグフードメーカーが獣医師協会に
お願いして飼い主さんにすすめてもらっている、という
フードもあるそうです。

あまり信じたくない話ですし、ごく一部だとは思いますけどね。


だから飼い主の責任として、自分の愛犬に食べさせる
フードの勉強は最低限する必要があるんです。

飼い主さんが愛犬にとった対策は?

結局その飼い主さんは無添加、グレインフリー
ドッグフードに替えました。

着色料、保存料、酸化防止剤などがアレルギーによる
体のかゆみを引き起こすことは知られていますし、

穀物(小麦、トウモロコシなど)も消化不良、肥満、
さらにアレルギーの原因になることが知られています。

その後次第にワンちゃんのかゆみは軽減されていったそうですが、
どうやら若いころは平気だったのに、歳を重ねてそれまでの
食べ物のアレルゲンの蓄積がかゆみを起こしていたようです。

【参考】ポメラニアンの飼い主が愛犬に食べさせたフードは?

参考までに先述の飼い主さんが愛犬に食べさせたフードは
モグワンドッグフードだったそうです。

ドッグフードとしては後発ですが、無添加、グレインフリーの
いわゆるプレミアムフードですね。

食いつきがいい!ということで口コミも好評です。

穀物(小麦、トウモロコシ)やヒトが食べられない肉副産物や
4dミートを使わず、良質のチキンとサーモンがメインのフードです。

小粒なので小型犬の老犬でも問題なく食べられます。

ただ「よさそうだけどうちの子が食べるか不安・・・」
という飼い主さんもいますよね。


そんな方のためにモグワン100円モニターがあります。

たった100円でモグワンの食いつきを試すことができて、
さらにモニター終了後、本商品が半額で買えるクーポン
をもらうこともできます。

もし満足できなかったら本商品を買う必要が
ないので、気軽に申し込むことができます。

関心がある方はお時間があるときに公式サイトを
のぞいてみてくださいね。