チワワの足がつった!?犬の足がつる原因と飼い主3つの対策

私の仕事のお客さんの愛犬はオスのチワワ。

先日「キャン!」と鳴いたかと思ったら、足をピンッと
させて、つったかのようなしぐさ
を見せたそうです。

初めてのことで飼い主さん家族は皆パニックになってしまったそう!?

でも少し時間が経ったら普段と変わらず過ごしていたとか。

そこでその飼い主さんはチワワの足がつる症状について
調べたのですが、意外なことがわかったそうです。

キャン!?犬の足がつる症状の原因って何?

結論から書くと犬の足がつることはありません。

犬がソファなどから降りたり、小走りしたりしているとき、
キャンキャン悲鳴をあげて足をピーンとさせる!

ケガでもした?と思ったら、その後普段と変わりなく
過ごしている様子を見て「今のは何だったんだろう?」と
思った方は多いのではないでしょうか。

人間の足のように犬の足がつることはなく、
これには別の原因があります。

足の関節が脱臼してる可能性が高いです。

 先にご紹介したチワワも脱臼していた可能性が高いんです。

犬の脱臼はなぜ起こる?どんな犬種に多いのか?

高いところから飛び降りたり、勢いよく走ったりすると、
足の関節が通常の可動域を超えてしまい、関節が本来
あるべき位置からずれてしまうんです。

それが脱臼です。

特に多いのがパテラと呼ばれる膝蓋骨脱臼で、これは
ひざのお皿の関節がずれてしまう脱臼です。

どんな犬でも脱臼する可能性はありますが、チワワ、
トイプードルのような小型犬に多く見られる
んです。

また先天的に膝蓋骨脱臼がある犬もいて、治すために
手術を受けるワンちゃんもいるんです。

脱臼しやすい愛犬のためにチワワの飼い主さんが始めた3つのこと!

先にご紹介したチワワは、動物病院で診てもらったところ、
やはり膝の関節が軽く脱臼しているとのことでした。

そこで獣医さんと相談の上、自宅でできる3つの対策
始めることにしました。

対策1:太り過ぎないよう体重管理

実はそのチワワは最近ちょっと肥満気味。

飼い主家族が「かわいい、かわいい」とかわるがわるに
おやつをあげていたんです。

体重が重いと当然足腰の関節には負担がかかり、
ひざの関節がずれやすくなります。

そこでしばらくは犬におやつをあげるのを禁止!

フードも少し減らして、その分茹で野菜を加えて、
総カロリー数を減らす工夫をしました。

その2:すべり止めマットやカーペットを敷いた!

チワワやトイプードルなど小型犬は、もともと脱臼を
起こしやすいですが、フローリングの床の上で生活を
していると、そのリスクはより高まります。

そのため犬の生活するスペースにカーペットや
すべり止めマット
を敷いたそうです。

膝蓋骨脱臼を予防するのにいい対策ですね。

その3:関節ケア成分配合のサプリメントを始めた!

グルコサミン、コンドロイチンなどの成分は、
軟骨の主成分になったり、動きを助ける働きがあります。

すべての犬に効果があるとは言い切れませんが、
関節炎がよくなったというワンちゃんも多いです。

そこでチワワの飼い主さんはこれらの成分を配合した
サプリメントを食べさせることにしました。

飲ませ始めて2ヶ月程度ですが、明らかによくなっている、
と喜んでいました。

【参考】チワワの飼い主さんが選んだ関節ケアサプリメント

参考までにチワワの飼い主さんが選んだサプリメントをご紹介します。

 毎日散歩というサプリメントです。

ウィズペティというペットの健康を考えた商品を
多数販売している会社の商品です。

コンドロイチン、グルコサミンはもちろん、渡り鳥から
抽出した筋肉強化成分・イミダゾールペプチドを配合
している点がポイントです。

無添加、国内生産なので安心して愛犬に与えることができます。

まとめ

もしあなたの愛犬が足をピーンとする様子を見せたら、
すぐに動物病院に連れていってあげてください。

最初は症状が軽くても、脱臼を繰り返しているうちに
炎症がひどくなりなってしまうことがありますから。

生活の質を落としてしまいますし、症状が進むと
手術が必要になることもあります。

できるだけ早めに対策をして、愛犬の関節を守ってあげましょう。