避妊手術後に愛犬が太ってしまった!?どうするダイエット!

今でも時々会う中学時代の友人の愛犬はミニチュアダックス。

飼い始めて間もなくの頃家族で話し合った結果、
避妊手術をすることに。

ところが手術を受けた後から体重が増加気味で、体型が
少しふっくらしてきてしまいました。

ミニチュアダックスは体重が増えると椎間板ヘルニアの
リスクが増す、
ということでとても心配していました。

そこで健康のために体重管理をしよう!
と、いくつかの対策を始めました。


ここでは避妊手術後の愛犬の体重管理のポイント
についてまとめました。

なぜ太る?避妊手術のデメリットは?

避妊手術には望まない妊娠を防ぐ他に、乳房や子宮の
腫瘍などの病気を防ぐ、性格が穏やかになるなどの
メリットがあります。

一方太りやすくなるというデメリットもあります。

女性ホルモンの分泌が減り、食欲が増したり、
生殖機能の維持に使われていたエネルギーがあまり、
その分太ってしまうのです。

だから避妊手術を受けた犬の飼い主さんは、これまで以上に
体重管理をしてあげる必要があるんです。

関連記事:愛犬が去勢後に太った!手術後のダイエットはどうする?

避妊手術後の体重管理!3つのポイントをご紹介

ここからは避妊手術後の愛犬の体重管理の
ポイントを3つに絞ってご紹介します。

肥満は糖尿病、心臓病、関節炎などのリスクを高めます。

またダックスフンドのような胴長短足の犬は、
椎間板ヘルニアにかかりやすくなります。

しっかり体重管理をしてあげてください。

ポイント1:散歩など軽い運動で太りにくい体質に!

運動だけでダイエット、体重管理をするのは大変です。

体重を減らすために運動させようと思ったら、
とんでもない量をこなさなければならないからです。

だから体重管理は食事をメインにするのがいいです。

とはいえまったく運動しないと代謝が悪くなり、
より太りやすい体質になってしまいます。

ですので愛犬の体調に合わせて、ムリのしない程度の
運動
をさせて体重管理に役立てましょう。

散歩やボール遊び程度で十分です。

走り回るのが好きなワンちゃんなら、たまには
ドッグランなどに連れていってあげてくださいね。

ポイント2:おやつを減らして1日の総カロリー数をダウン!

おやつをあげると犬は喜ぶので、ついつい
あげたくなる気持ちはわかるのですが・・・

ここは心を鬼にしておやつの量を減らしましょう。

私はパピーウォーカーをしていた時、預かった犬を
太らせてはいけないと思い、トレーニングのときの
おやつは低カロリーのものを選んでいました。

もしおやつをあげる場合は、低カロリー、できれば
無添加のものを選んであげましょう。

ポイント3:低カロリーかつ高タンパク質のフードを選ぶ!

避妊手術後に体重が気になる場合、今食べさせている
ドッグフードそのものを見直す必要があります。

カロリー低めのフードを探してみましょう。

ただし必ず肉、魚などの良質の動物性タンパク質
しっかり配合したフードを選んであげてください。

もともと肉食動物である犬に、最も必要な
栄養源が動物性タンパク質だからです。

低コストでかさ増しができる穀物(小麦、トウモロコシなど)
をメインに使ったフードは、消化や吸収が悪く、排せつも
よくありません。

原材料欄の一番最初に穀物が記載されたフードは、
ダイエットに不向きなので、選ばないでください。

避妊手術後の体重管理3つのポイント
  • 軽い運動で太りにくい体質に!
  • おやつを減らしてカロリーダウン!
  • 低カロリーかつ高タンパク質のフードを選ぶ!

手術をがんばった愛犬がいつまでも元気で
暮らせるように、しっかり健康管理してあげましょう。

 

【参考】避妊手術後におすすめのドッグフードのご紹介

参考までに矯正手術を受けたワンちゃんにおすすめの
ドッグフードを1つご紹介します。

 モグワンです。

  • 他のプレミアムフードの比べ低カロリー(100g当たり334kcal)
  • チキン、サーモンがたっぷり50%以上
  • 無添加、グレインフリー

全年齢対応なので、愛犬が気に入ったらずっと
続けていくことができます。

ダイエットや体重管理目的でモグワンを選ぶ
飼い主さんも多いです。

関連記事:なぜモグワンはダイエット目的の飼い主に選ばれるのか?

100円モニターでお試しがしやすいのもうれしいポイント。

愛犬の体重が気になる飼い主さんは一度試してみてはいかがでしょうか。