【危険!?】こんなドッグフードは買ってはいけない!

先日ブログの読者様からこんな内容のメールをいただきました。

ドッグフードには危険なものが含まれている、
という記事を読みました。実際どうなのでしょうか?

マルチーズ2歳を飼っていますが、肌の状態が悪くなり、
獣医師より食物アレルギーを指摘されました。

そこでフードについて調べていたら、保存料、着色料、
死んだ動物の肉などが使われている、
との記事を読んで、
心配になってしまいました。

これは本当のことなのでしょうか?

【事実!】安価なドッグフードは非常に危険


結論から書くと、国内で流通しているドッグフードの中には、
危険な原材料や成分を使ったものが多数あります。

犬の体質に合わないのに、低コストで調達でできる、
という理由だけで使われている原材料。

また食用には認められていない添加物を
使用しているフードさえあります。

こんなものは大切な愛犬には食べさせたくありませんよね。

そのためには危険なドッグフードについて
飼い主さんが知っておく必要があるのです。


ここではドッグフードに含まれる危険な原材料、
成分
についてまとめました。

【危険!】こんな原材料が記載されていたら要注意

  • 小麦、トウモロコシ
  • 肉類(○○ミール)
  • ビートパルプ
  • 大豆ミール
  • 保存料、着色料、酸化防止剤

あなたが愛犬に食べさせているフードの原材料名に
これらの記載があったら要注意!

でも

「小麦、トウモロコシがなんで危険なの?」

「肉類って別に問題ないんじゃない?」

と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。


そこで次ではなぜこれらの原材料、成分が
危険なのかについて解説していきます。

危険な原材料①小麦、トウモロコシ|アレルギーの原因にも!?

ドッグフードの原材料欄は、多く配合されている
原材料から記載されることになっています。

一番最初に小麦、トウモロコシの記載があったら要注意。

本来肉食動物である犬は小麦、トウモロコシを
消化する酵素を持っていません。

そのため穀物を消化することができない
つまり消化不良を起こしてしまいます。

さらに小麦、トウモロコシなどの穀物は皮膚炎など
アレルギーを引き起こすアレルゲンとなりやすいのです。

なぜ犬にとって危険な穀物をフードに入れるかというと、
低コストでかさ増しができるからです。

穀物は消化がゆっくりなので腹持ちがいい、という
メリットはありますが、犬にとっては害が大きい原材料です。

危険な原材料②肉副産物|肉とは言えない粗悪な原料

肉類(チキンミール、ビーフミールなど)の表示を見ると、
普通の肉なのかな?と思いがちですが、そうではありません。

肉類と表示されているものの中には、内臓、毛、血液、
毛、糞尿など、
食肉を加工される過程で出た副産物が
入っている可能性が高いです。

またいわゆる4Ⅾミートが使われている可能性も高いです。

  • Dead:死んだ
  • Diseased:病気にかかった
  • Dying:死にかけている
  • Disabled:障害がある

こんな動物の肉が使われている可能性が高いです。
この中には犬や猫も含まれているといいますから、
ぞっとしますよね。

これらは決して食用に使われることはありません。
でもコストダウンのためにペットフードには
使われているんです。

でも愛犬の健康を考えたら、絶対に避けなければ
いけない原材料
といえます。

危険な原材料③ビートパルプ|犬にデメリットしかない原材料

名の知れた高価なフードにも入っているビートパルプ。

だからと言って安全で、犬にとって必要な原材料とは言えず、
むしろ食べ続けると危険な原材料と言えます。

ビートパルプとは甜菜(サトウダイコン)から
砂糖をしぼった後のしぼりカスのこと。

低コストでかさ増しができるため、フード会社に
とっては都合がいい原材料です。

これを入れると犬のウンチが固まりやすくなるんです。

でも砂糖をしぼる際、硫酸系の薬品を使っているので、
その薬品が残留している可能性が高い
です。

犬にとってビートパルプは百害あって一利なし!
むしろ危険な原材料です。

危険な原材料④大豆ミール|恐ろしい病気のリスクも

大豆と聞くと豆腐や湯葉、豆乳をイメージしますから、
健康にいいのでは?と思いますよね。

でもドッグフードの大豆ミールは非常に危険です。

豆乳を作る際の絞りかすがおからです。
おからには十分栄養が含まれており、ヒトが食べても
犬が食べてもいい食材です。

しかし大豆ミールは、大豆から栄養や有効成分を
ほとんどしぼり取った、完全な残りカスです。

大豆ミールが恐ろしい点は、腸内で通常の5倍以上の
ガスが発生する
ことなんです。

腸内にたまったガスが原因で合併症として腸がねじれたり、
破裂する鼓腸症という病気になりかねません。

実はそのくらいおそろしい原材料なんです。

危険な原材料⑤人工添加物|アレルギー、発がん性まで

ドッグフードには

  • 酸化防止剤(BHA、BHT、エトキシキンなど)
  • 着色料(赤色3号、赤色40号、赤色102号、青色2号など)
  • 保存料(亜硝酸ナトリウム)
  • 保湿剤(プロピレングリコール)
  • 香料

などの人工添加物を使うことが認められています。

しかしヒトの食用には認められていない添加物が
ドッグフードには実際に使われているのが現実です。

例えば見た目をよくする目的の着色料ですが、ガンや
アレルギーの原因になることがされているものが
ドッグフードには平気で使われています。

色を識別できない犬のために、危険な着色料を
使っているなんでおかしいですよね。

知らずに愛犬に人工添加物入りのフードを食べさせていたら、
重篤な病気になっても不思議ではないんです。

どんなフードを選ぶべきか?フード選びの5つのポイント!

「ドッグフードに含まれる危険な原材料はわかったけど、
じゃあどんなフードを選べばいいの?」

という方のために。

盲導犬リタイア犬ボランティアやパピーウォーカーの
経験のある当ブログの管理人が考える、フード選びの
5つのポイントをご紹介します。

 人工添加物不使用!

アレルギーやガンなど重大な病気の可能性がある
酸化防止剤、香料、着色料などの人工添加物を
使っていないフード。

 グレインフリー(穀物不使用)!

消化不良やアレルギーのリスクがある小麦、
トウモロコシを使っていないフード。

 良質な動物性タンパク質が摂れる!

肉副産物や4Ⅾミートではなく、犬の体に合った
良質な肉や魚をしっかり摂れるドッグフード。

 ヒューマングレード!

人が食べる食品のレベルで管理、製造された
ドッグフードのことです。ヒトの食用に禁止されている
原材料が使われてはいけません。

 続けやすい価格設定!

犬を飼うと通常10年以上世話をすることになります。
その間毎日食べさせるので、価格設定も大切です。

当ブログ厳選!おすすめドッグフードランキングのご紹介

以上ドッグフードに含まれる危険な原材料、そして
フード選びのポイントについて解説しました。

犬は自分で食べるものを選ぶことができません。
飼い主さんが選んだものだけを食べます。

それだけに愛犬が健康に長く生きるためには、
飼い主さんの責任は重大です。

私たち飼い主は正しい知識を持って、愛犬のための
食事を選んであげましょう。


なお当ブログでは先にご紹介したフード選び5つの
ポイントをもとに、ランキング形式でおすすめの
フードをご紹介しています。

あなたのドッグフード選びの参考になればうれしいです。

 

★★★フード選びのご参考にどうぞ!★★★