立てない、歩けない老犬の介護術:食事、トイレ、散歩など

犬は人間の何倍ものスピードで年齢を重ねます。

いくら犬の寿命が延びたからと言っても、老化を
止めることはできません。

高齢期になると立てない、歩けないワンちゃんも出てきます。


立てない、歩けない老犬をどのように
お世話したらいいでしょうか?

トイレ、食事、散歩などに分けて解説します。

立てない、歩けない老犬介護術:トイレ編

足腰が弱ってもまだ何とか立てるワンちゃんの場合、
排泄の姿勢がつらそうなら、飼い主が自分の手、または
ハーネスで腰を支えてあげましょう。

特に大型犬は後ろ足を支えるハーネスを使うといいです。

また排泄物が体についてしまう場合は、
汚れた部分を拭いてあげましょう。

寝たきりワンちゃんのおしっこをさせる場合、
尿がたまってくると膀胱付近がかたく張ってきます。

しごき出すように強めに圧迫して尿を出し切ってください。

寝たきりワンちゃんのウンチの場合、大腸付近を
さわると便がたまっているのがわかるはずです。

たまった便を肛門の方に押し出します。
肛門の近くに便が来たら、肛門をつまんで
便を引き出すようにしましょう。


寝たきりワンちゃんのトイレのお世話はむずかしいので、
最初は獣医師さんにコツを教えてもらうのがいいですね。

立てない、歩けない老犬介護術:食事編

ドライフードはぬるま湯でふやかし、すりつぶしたり
小さく砕いて、食べやすい状態にします。

ウエットフードなら一口サイズに。

立てないワンちゃんの場合、寝たままの状態から
やさしく状態を起こして食べさせてください。

あまりあごを持ち上げすぎず、口の横から少しずつ
フードを入れて食べさせます。

ふやかしたドライフードをすりつぶしてぬるま湯で
のばせば流動食が出来上がります。

ドレッシングや蜂蜜の容器に入れて、口の横から
少しずつ食べさせてあげてください。

ふせの姿勢がとれるワンちゃんには、食器を
食べやすい位置に持っていき食べさせます。

食器から食べにくい場合は、手やスプーンで
フードを少しずつ口元に持っていき食べさせましょう。

立てない、歩けない老犬介護術:散歩編

愛犬が自力で歩けなくなっても

「もう自分で立てないし歩けないから、家でゆっくり過ごしてね」

なんて思ってはいけません。

犬は歩けないからと言ってもずっとおうちに中で
過ごして満足できないからです。

外の空気がすえなかったり、景色が見られなかったり、
お友だちに会えなかったらますます老化が進みます。

抱っこや犬用カートに乗せて、外に連れていってあげてください。

太陽の光を浴びて、外の空気を吸うだけでも
ワンちゃんの気分がよくなります。

うちにいたラブラドールは、外に連れていけないときは、
駐車場にマットを置いて日光浴させていました。

それだけでもうれしそうしていましたよ!

あきらめないで!リハビリで歩けるようになる子も!!

以上立てない、歩けない老犬のお世話について解説しました。

うちでも盲導犬を引退したラブラドールを世話していたので
わかりますが、犬が老いて弱っていく姿を見るのはつらいものです。

でも最後までめんどうを見るのが飼い主の責任です。

また毎日にマッサージやリハビリで、また歩けるように
なったワンちゃんもいます。

かかりつけ医と相談しながら、ムリせずリハビリをすることをオススメします。