カナガンが犬の関節ケアにおすすめの2つの理由をご紹介!

多くの犬とその飼い主さんが悩まされる関節トラブル。

関節ケアを目的にフードを選ぶという飼い主さんも少なくありません。

先日も「食い付きがよく、筋肉や関節をケアする
ドッグフードを知りませんか?」と質問をいただきました。

以前うちで盲導犬を引退したラブラドールを引き取った
ことがあり、カナガンドッグフードを食べさせていました。

他のフードに比べ足腰や関節にいいと考えたからです。


なぜカナガンは他のフードより関節ケアにオススメなのか、
その理由を解説します。

カナガンが関節ケアにオススメの理由とは?


カナガンが犬の関節ケアにオススメの理由、
それはグルコサミン、コンドロイチンが含まれているからです。

よく名が知られた他のフードより量が多いんです。
(どのくらい多いか、あとでご紹介しますね)

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、
ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、
乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、
ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 
2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、
リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、
フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、
セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、
コロハ

しっかり配合されていますね(^^

知らなきゃ損!?グルコサミン、コンドロイチンの効果とは?

グルコサミンには軟骨の摩擦を抑える働きがあります。
そのため関節の動きがスムーズになり、痛みや腫れを
和らげる効果が期待できます。

一方コンドロイチンは軟骨の水分を保ったり、軟骨や
関節の潤滑油の働きをします。そのため軟骨の動きを
高めてくれる効果があります。

グルコサミンもコンドロイチンも年齢とともに減少します。

そのためシニア用フードには入っているものもありますが、
成犬用フードには入っていないものが多いです。

でも全年齢対応のカナガンには豊富に入っているので、
パピーの頃から自然と摂取することができるんです。

グルコサミン、コンドロイチンの量を他のフードとくらべた結果・・・

  グルコサミン コンドロイチン
カナガン 1,000㎎ 700㎎
ファインペッツ極 300㎎ 100㎎
ナチュラルハーベスト 550㎎ 440mg

※ナチュラルハーベストはベーシックフォーミュラ
メンテナンススモールを参照


他のフードとくらべてカナガンの関節ケア成分が
かなり多いことがわかります。

グルコサミンやコンドロイチン配合、とうたっていても、
配合量を明記していないフードも多いですし、

まったく配合していないフードがほとんどです。

愛犬の関節や足腰のケアを考えたら、若いうちから
カナガンを食べさせたいですね。

カナガンを関節ケアにオススメするもう一つの理由

グルコサミン、コンドロイチンを配合している以外に、
関節、足腰のケアにカナガンをオススメする理由があります。


それは良質なタンパク質がしっかりとれることです。

カナガンは他のフードよりたくさんのタンパク質が入っています。
粗タンパク質33%のフードはなかなかありません。

しかも肉副産物や穀物のタンパク質ではなく、良質な
平飼いチキンのタンパク質です。

関節のまわりに筋肉をつけるのに良質なタンパク質
はとても役立ちます。

関節ケア成分と同時にとることで、ワンちゃんの
足腰がしっかりしてきます。

【参考】カナガンお買得情報:楽天、アマゾンは損!?

参考までにカナガンのお買得情報をご紹介します。

通販限定のカナガンは楽天、Amazonでも購入できますが、
最安値なのでご注意を。

カナガン公式サイトが最安値です。

通常購入もありますが、縛り回数のない定期コース
で購入するのがおトクです。

購入金額に合わせて10%~20%割引で購入できます。

1週間~13週間まで1週間単位でお届け周期を選べるので、
犬種や頭数に合わせて届けてもらうことができます。

食いつきがよく、健康にも役立つカナガンを
一度あなたのワンちゃんに食べさせてみてはいかがでしょうか?

 

★★★縛りなしの定期コースでおトクに購入!★★★