愛犬がカナガンを食べたら下痢?軟便?その2つの理由とは?

当ブログドッグフードランキング2位のカナガン。

グレインフリー、無添加、新鮮なチキンたっぷりの
プレミアムフードです。

愛用者の口コミはほとんどが高評価のものなのですが、
一部には気になる口コミもあります。

  • カナガンを食べさせたら便がゆるくなった・・・
  • 下痢気味なんだけどこのまま食べさせて大丈夫?

ウンチは愛犬からの大切な便り。
少数とはいえ、これらの口コミは気になりますよね。


良質な原材料で作られたカナガンで下痢や軟便に
なるのには、どんな理由があるのでしょうか?

カナガンドッグフードでウンチがゆるくなる2つの理由とは?

カナガンドッグフードを食べてウンチがゆるくなるのには、
主に2つの理由が考えられます。

新しいフードに愛犬の消化器官が慣れていないため

これまで食べ慣れたフードから急に新しいフードに
替えると、犬の消化器官がついていけず、フードを
上手く消化できないことがあります。

私たち人間も食べ慣れないものを食べたり、
旅行先で水を飲んだりするとお腹を下す経験を
することがありますよね。

同じような経験をワンちゃんもしているのです。

これはけっして深刻な症状ではありません。

でもワンちゃんの体には負担がかかります。
特に消化器官が弱っている老犬には負担がかかります。


ですのでドッグフードを切り替える際は、これまで
食べていたフードに、新しいフードを少しずつ
混ぜるようにしましょう。

一週間くらいかけて新しいフードに替えれば、
消化器官が慣れるので、下痢や軟便は徐々に解消していきます。

ウンチを固める成分:ビートパルプが入っていないため

多くのドッグフードにはビートパルプが入っています。
てんさい(サトウダイコン)から砂糖を作る際、残ったカスです。

ビートパルプをドッグフードに入れるのは

  • 低コストでドッグフードをかさ増しするため
  • ウンチを固まりやすくするため

なのです。かさ増しについては説明の必要はないと思いますが、
ウンチを固まりやすくするのは、飼い主さんがウンチを
処理しやすいようにするためなんです。

一見都合がいいように聞こえますが、ビートパルプには
犬にとってこんな危険なことがあるんです。

 ビートパルプに強い薬剤が残留している可能性がある

サトウダイコンから砂糖を抽出する際、硫酸系の薬剤を
使っています。それを愛犬に食べさせるのは危険です。

 犬の健康状態を把握しにくい

ビートパルプは大腸内で水分を吸収するので、
ウンチが固まりやすいです。

でも無理やり便を固めているので、ワンちゃんの
健康状態を飼い主さんが把握するのがむずかしくなります。


カナガンにはウンチを固めるビートパルプは入っていません。

それ以前にビートパルプ入りのフードを食べていたワンちゃんは、
お腹がゆるくなることがあるかもしれません。

でも徐々に消化器官が慣れて、1週間程度でウンチが
いい状態になっていくでしょう。

下痢、便秘になるのは粗悪な原材料を使っているからではない!

  • 新しいフードになれていない
  • ビートパルプが入っていない

カナガンを食べて犬が下痢や軟便になるのは、
以上2つが原因と考えられます。

けっして使っている原材料が悪いわけではありません。

カナガンは

  • 人工添加物なし
  • 穀物(小麦、トウモロコシなど)無配合
  • 良質の平飼いチキンがたっぷり
  • 野菜やハーブもぜい沢に

 

粗悪な原材料を一切使わず、良質な素材で作られた
優良ドッグフードです。

ワンちゃんに安心して食べさせることができます。

愛犬の健康を第一に考える飼い主さんは、
一度食べさせてみてはいかがでしょうか?

 

★★★縛りなしの定期コースでおトクに購入!★★★