老犬に負担のないシャンプーとは?頻度、コツ、注意点など

老犬のシャンプーにはどんなことに気をつければいいのでしょうか?

こちらのページでも説明しましたが、犬は年齢を重ねると
若いころにはなかったニオイが気になってきます。

シャンプーやお風呂でキレイにしてあげたいところですが、
成犬の頃と同じやり方では老犬の体に負担になってしまいます。


そこでここでは高齢期に入ったワンちゃんのシャンプーの
やり方、頻度、注意点などについて調べました!

シャンプーは老犬の負担になるのか?

結論から書くとシャワーやお風呂は老犬の体に負担になります。

体力や筋力が低下したシニア犬がすべりやすい浴室で
お湯をかけられたり、体を洗われたり。

またドライヤーをあてられたりすることは、老犬の体に
かなりの負担がかかります。

でも高齢になるほど排泄物などで体は汚れるし、ニオイも
するので、清潔にするためにシャンプーは必要です。


そのためにも犬の体に負担が少ないシャンプーの
やり方を以下でご紹介します。

老犬の体に負担が少ないシャンプーのやり方をご紹介!

ではここから老犬の体に負担が少ないシャンプーのやり方を
具体的にご紹介していきますね。

シャンプーの頻度は1ヵ月に1回を目安に!

成犬の頃は月2回ほどシャンプーをするワンちゃんが多いと思います。

老犬の場合、体への負担を考えてそれより少なめの
月1回のシャンプーを目安にしましょう。

その分顔や陰部、お尻などが汚れていたら濡れタオルで
拭いてあげて、清潔にしてあげましょう。

浴室はすべらないよう配慮を!

高齢期の犬の足腰は弱っています。

ただでさえすべりやすい浴室の床は、足腰の弱い
老犬にとってはとても危険です。

ですからすべらないようにシリコン素材のマット
すべり止めのため用意してあげましょう。

シャンプーの前にブラッシング!

シャンプーをする前に犬の毛をブラッシングしておきましょう。

余分な毛が抜けているので、シャンプーが楽にできます。

排水溝にたまる毛の量も少なくなります。

お湯はぬるめの35~38℃!

老犬のシャワーの温度は35~38℃くらいで。

人間が浴びるシャワーより低めでも、犬は冷たいと
感じることはありません。

むしろお湯が熱いと気管支や心臓に負担をかけてしまいます。

低刺激のシャンプーで手早く!

犬専用の低刺激のシャンプーを使います。

シャンプーは前もってよく泡立てておき、手早く
体を洗ってあげましょう。

目や口のまわり、お尻、陰部、足の指の間は特に
汚れがたまっていますので、入念に。

すすぎも時間をかけず手早く!

シャワーの湯圧は老犬の肌に負担をかけてしまいます。

シャワーを犬の体に近づけて、手早くシャンプーを
洗い流してあげましょう。

乾いたタオルでふき取り、ドライヤーで乾かす

ドライタオルで水分をふき取ることで、ドライヤーの
時間を短縮することができます。

タオルで十分水分をふき取ったら、ドライヤーで
毛の根元からしっかり乾かしてあげてください。

ドライヤーを使う際は、熱くなりすぎないように、
温風と冷風を切り替えながら。

毛を逆立てるようにかぜを送っていくといいでしょう。

まとめ

繰り返しますが、老犬のシャンプーのコツは
負担をかけないこと。

そのためにはやさしく、素早くすることです。

なおシャンプーができないときでも、口まわり、目のまわり、
陰部、お尻、足の指の間などが汚れていたら、濡れタオルで
拭いてあげると清潔を保てます。

参考にしてみてくださいね。