マクドだけじゃない!?異物混入問題が続々発覚!

koorogi

昨年末のぺヤングやきそばのゴキブリ騒動に始まり、

正月にはマクドナルドの異物混入、

食品への異物混入が続々と発覚し続けている。

 

マクドナルドの異物混入は改善するどころか

新たな異物混入も発覚している。

 

さらに、ベビーフード大手の和光堂の離乳食からは

こおろぎが見つかり、昨年夏にも虫が混入していたという

報告もあるという。

 

ローソンでは1月2日、弁当にビニール片が混入、

さらに宅配弁当事業の「ワタミの宅食」では

金属製のネジが混入。

このネジは工場内のものではなく、不明だという。

 

マクドナルドでは7日謝罪会見をしていたが、

その直後にソフトクリームのコーンの下の方に

ビニール片が入っていたという。

 

この異物混入は今に始まったことではないらしい。

最近、異物混入が話題になっているからこそ、

これだけ大きなニュースになってしまうのだ。

 

独自に食品検査室を設け、

食品工場への指導を行っている

千葉の「ケイ・イー・アイ」によるとこの会社では

食品への異物混入などの苦情を年に100件ほど

調査しているという。

 

「ケイ・イー・アイ」の川上隆司社長は

どこの食品工場でも入ってきた人が1日や2日で

辞めてしまうことが多いらしく、長く定着することが

少ないそうだ。

食品工場での事故はまだ仕事を覚えていない

作業員によるミスが多いらしい。

 

それに加え、食品工場の中でゴミが落ちていても

拾わない人がいるという。

ゴミが落ちていたら拾うというような基本的な教育をしていくことで

改善するのではないかということだった。

 

ただ、工場で働く人の入れ替わりの激しさは

どうしたものか。

一朝一夕に変わるものでもないため、

やはり、異物混入を気にするのであれば、

手間がかかっても自分で調理することが一番安心なのである。

 

自分で調理していても

うっかりハエが鍋に入って気づかないこともあるだろう。

 

規模が大きな工場であれば特に様々な虫の混入の可能性も

高くなるであろう。

そういったことを考慮したうえで、加工食品を買わなければ

ならないということだ。

 

ソフトクリームのコーンにビニール片というのは

気をつけていれば気づきそうなものだが・・・。

所詮人間のすることは完璧ではないということだ。

 

皆さんは加工食品の異物混入についてどう考えますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る