ヤフオクに「夫のカードゲーム処分品23キロ」!?wwwww

yafuokuヤフオク!といえば、不用品などの中古品などを

オークション形式で売ったり、それを買ったりするものだが、

今回、夫のカードゲームを大量に出品したことで、

話題になっている。

 

カードゲームの「マジック:ザ・ギャザリング」の

カードを23キロだ。

カードというと1枚あたり1グラムとか

そういうものではないのか?

それを23キロも売っているのだ。

 

しかもそれは自分のものではなく、夫のものだという。

 

商品説明には

「夫の実家にあった

カードゲームの処分品です。」

と書かれている。

 

この一言がさらに不穏さ倍増で、

ネット上では波紋が広がった。

 

こういったゲームのカードコレクターには

カードを集めるにはかなりのお金と時間、

情熱なども必要なことが理解できるだけに

「もしかして夫のゲーム道楽に嫌気がさした妻が

勝手に処分しようとしているのではないか」

といった憶測も加わり、広く拡散されたようだ。

 

夫の道楽に妻が嫌気がさすということはよくあることだ。

そんないわく付きの商品を落札するのも気持ちがいいものではない。

後々、返してくれなどとごねられるのも面倒だ。

 

しかし、このみんなが抱える疑問について質問した人がいた。

その質問に対し、出品者は

以前から夫の家で邪魔になっていたものであり、

ヤフオクのアカウントを持っていない夫が妻に

代理出品を頼んだということだ。

夫は今でもマジックプレイをしており、

それらのカードはあくまでも処分品であり、

高価なカードはないだろうということだった。

 

こういったカードの類は

トレーディングカードを集めるコレクターの間では

キロ単位で出品することはよくあることだそうだ。

 

こういういカードは古いものの中にレアなものがあったり、

コレクションとしての価値があるものも多く、

高額になる場合があるという。

 

今回のケースも3000円からの出品に対し、

終了2日前の時点で280000円以上もの値がついている。

 

しかし、コレクター以外の人にとってはただの紙切れが

23キロで28万円って・・・理解できない。

 

この道楽を許している出品者は心が広いと感心してしまう。

 

皆さんはカードゲームコレクターについてどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る