小保方氏が「リケジョタレント」「巨乳グラビアリケドル」に!?

obokata

昨年1月に小保方晴子氏がSTAP細胞を

発見するも、様々な疑惑が生じ、

昨年、1年間世間を騒がせてきた。

 

結局、小保方氏はSTAP細胞を

再度作ることができず、STAP細胞の存在は

虚偽だったという結果。

 

小保方氏もそれについて、

期限までに不服申し立てをしなかったということが

6日わかった。

 

昨春には不服を申し立てた小保方氏であったが、

今回は不正を認めたということになる。

 

小保方氏はすでに理研を退職しているが、

今回のことで彼女は研究者としての

再就職は難しいだろう。

 

しかし、驚くことにすでに裏では彼女の

争奪戦が始まっていたのだ。

 

芸能プロやテレビ局、出版社が

ずいぶん前から手ぐすねひいて待っていたらしい。

 

菊川玲さんや八田亜矢子さんに次ぐ

「リケジョタレント」としての道だ。

さらに

「巨乳グラビア・リケドル」

というジャンルもあるようだ。

 

小保方氏の美しさは誰もが認めるのではないだろうか。

笑顔ももちろんだが、涙を流している姿も

美しかった。

不正や捏造をしようが、彼女のファンは

大勢いるのではないだろうか。

 

芸能プロも放っておくはずがない。

 

しかし、現在の小保方氏はそれどころではなく、

精神的にも肉体的にも疲労しているため、

弁護士と電話で話すくらいで外出もしていないほどだという。

 

不正と捏造というイメージが

今後もずっとついてまわる彼女だが、

芸能プロやテレビ局などはそんな彼女の

魅力を見抜いているのだ。

 

彼女のイメージとは違うかっぽう着姿のパフォーマンスや

記者会見での様々な演技力

カメラ慣れしていること、強い精神力が注目されているという。

 

すでにある芸能プロはタレントとしてスカウトしようと

接触したという情報もあるほどだ。

確かにタレントとしての素質は十分だ。

 

そしてテレビ局も積極的に動いているようだ。

彼女の弁護士を通じてすでに出演依頼している

番組があるという。

特に報道、情報系番組は彼女を出演させ、

STAP細胞騒動について自分の口で語らせるスクープを

狙っているのだそうだ。

 

それだけではない。

各局のバラエティ番組もオファーを検討しはじめているようだ。

 

そしてグラビア界では彼女の巨乳に注目し、

「巨乳グラビアリケドル」を狙っているらしい。

 

頭のいい彼女が巨乳グラビアを選ぶことは

まずないだろうが、そのうち、

リケジョとしてテレビに出る日も近いかもしれない。

 

 

みなさんは小保方氏の今後についてどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る