日テレ「女子アナに絶対採用しない!」→「やっぱり採用する!」なんだそれ!!?

sasazaki

ホステスのアルバイト経験を理由に

日本テレビのアナウンサーの内定を取り消された

笹崎里菜さん。

 

その理由が納得できないとし、

日本テレビを相手に訴えを起こしていましたが、

このほど日テレが笹崎さんを採用する和解案で

決着することが明らかになりました。

 

笹崎さんは大学3年生だった2013年9月に

今後他社への就職活動を行わないことを条件に

日本テレビからアナウンサーとしての内定を受けました。

 

しかし、2014年3月にホステスの短期バイト経験があることを

人事担当に伝えたところ、5月に内定取り消しに。

 

内定取り消しの理由は、

「アナウンサーには高度の清廉性が求められる」

「セミナーで提出した自己紹介シートにアルバイトの記載が

なかったことから、虚偽の申請をした」

というもの。

 

日本テレビから採用する、という通知を受け取った

笹崎さんは、他社の採用試験は受けていなかったため、

5月の時点ですでに新卒採用でのアナウンサーとしての

道は閉ざされてしまいました。

 

他の企業への就職はまだ間に合ったかもしれませんが、

笹崎さんの希望は女子アナです。

そして一度は内定をもらえるほど、適性もある。

内定取り消しの理由が「アルバイト経験」。

納得できないのも当然です。

 

そして11月に笹崎さんは日本テレビを訴えることに。

採用を巡る法廷バトルが明らかになり、

「アナウンサーに清廉性は必要か?」

「ホステスは卑下されるような職業なのか?」

と、日テレの言い分に首をかしげる意見が続出。

 

日テレ側としては、採用後に学生時代のあれこれが

流出してダメージを受けたくなかったため

保身に走ったわけですが、

笹崎さんが泣き寝入りするキャラクターではなかったので、

むしろ逆効果になってしまった形です。

 

そして1月7日に開かれた和解協議において、

東京地裁による「笹崎さんをアナウンサーとして採用する」という

和解案を双方が受け入れる見通しになりました。

 

11月の第1回口頭弁論では争う姿勢を見せた

日テレがなぜ歩み寄る気になったのでしょうか?

 

やはり笹崎さんの起こした訴訟によって

日テレに逆風が吹いたこと、

そのイメージ払拭のために、懐の深い会社であることを

示そうとしたのではないでしょうか。

 

無事に笹崎さんは日テレへの採用を取り戻したわけですが、

今後、笹崎さんはどのように活躍してくれるのでしょうか?

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る