歯(は)?シャレにならない異物混入…今度はマックフライポテト!?

ha

昨年から定期的に世間を騒がせている

マクドナルドだが、またもや年始早々に

次々と問題が発覚した。

 

まずは昨年12月31日に東京の店舗に来客した女性客の

「ナゲットに異物が入っていた」という

申し出があり、長さ5ミリほどのビニール片が

入っていたそうだ。

 

その時は店員が客に謝罪したが、

店長には報告していなかったため、

公にはならなかったが、

青森県の三沢市の店舗での異物混入が

明らかになり、客が改めて本社に相談し、

明らかになったという。

 

それが明らかになったのが5日のことである。

 

しかし、その翌日、さらに驚くべきものが

ポテトに混入していたことをマクドナルドが明らかにした。

 

昨年8月に大阪の店舗で販売した

フライドポテトに人の歯が混入していたという

苦情があったらしいのだ。

 

「製造工場、店舗での混入の可能性は低く、

混入経路は不明」

だという。

 

その時の状況は、ドライブスルーで購入した

ポテトを食べたところ、プラスチック状のものが

出てきたということだった。

 

第三者機関に依頼し、調べたところ、

人の歯だということがわかったそうだ。

 

誰の歯かは特定できなかったそうだ。

 

一方、東京の店舗で購入したナゲットに

混入していたビニールは製造工程ではなく、

店舗内で混入した疑いが強いらしい。

 

その時に出てきたビニール片は、乳白色だったが、

タイの工場で作られる際に使っているビニールは

青色だったという。

 

青森で混入していたビニールは青色だったため、

製造工程で混入していた可能性が高いことから、

同日製造された19万食は回収されたそうだ。

 

しかし、同日製造されたものは

なんと!!99%が販売済みだったらしい。

 

もしかして知らない間に食べてしまった人も

いる可能性もある。

 

ビニールにしても歯にしても本当に気持ちが悪い。

 

昨年の期限切れ肉を境に、マクドナルドは

どんどん売り上げが落ちているが、

ここまでくると信用回復は本当に難しいだろう。

 

みなさんは今後もマクドナルドを食べ続けますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る