今年の流行キラキラネーム予想がすごすぎる!?「笑流沙」ってどう読むの?

OM8eIfWQ7lTdZOg_z1ewP_2

最近はぱっと見てなんと読むかわからない

名前を子どもにつける人がかなり増えている。

 

俗にキラキラネームDQNネームと呼ばれている。

 

毎年、このキラキラネームの流行りが話題に上るが、

2015年は一体どんなキラキラネームが流行るのか。

 

株式会社TIMERSが全国の既婚男女223名を

対象に行ったアンケートで今年も新しい

衝撃的なキラキラネームが出てきそうだということが

わかった。

 

そのアンケートで「2015年に流行しそうなキラキラネームは?」

という問いに対し、「愛菜(アナ)」が71.9%、

「笑流沙(エルサ)」が46.1%、

「恵連(エレン)」が29.5%、

「羽生(はにゅう)」が13.8%、

「実香咲(ミカサ)」が13.8%となったそうだ。

 

TOP3が「アナと雪の女王」と「進撃の巨人」の

登場人物である。

 

エレンくらいならまだなんとか理解できるが、

アナとかエルサという名前をつけると本当に将来

いじめられないかが心配である。

しかも「羽生」って苗字ではないか。

なぜ「結弦」じゃないのか?意味不明である。

 

キラキラネームを否定する人は多いように見えるが、

今回のアンケートでは約65%の夫婦が肯定的だという

結果がでたという。

 

「キラキラネームに対してどう思うか」という問いには

「まったく理解できない」という回答が33.2%だったという。

 

「つけはしないがそういう人がいてもいいと思う」が48.4%

「つけはしないが気持ちはわかる」が14.7%、

「少しだけつけたいと思う」3.2%、

「つけたいと思う」0.5%、

ということで66.8%の人が肯定的なのである。

 

「子どもの名前をつけるときに意識していること」に関しては

「呼んだ時の音の可愛さ、かっこよさ」が51.6%と半数を超えている。

がっつりキラキラネームにしたいと思っている人は少ないが、

やはり、こういう理由がキラキラネームをはやらせているのだろう。

 

一方、キラキラネームとは逆に古風な

「武将ネーム」

秘かに流行っているようだ。

「武将ネーム」についての質問には

「まったく理解できない」が6.5%

93.5%の人が武将ネームに肯定的である。

 

「キラキラネーム」と「武将ネーム」のどちらがよいか

という質問には78.8%の夫婦が「武将ネーム」と答えている。

 

これからはキラキラネームは廃れ、

「武将ネーム」の時代へと移行していきそうだ。

キラキラネームは子どものうちはいいが、

大人になった時、さらに老人になった時、

かなり恥ずかしい名前になることは間違いない。

 

武将ネームなら歳を重ねるごとに素敵に見える気がする。

 

そう思うとキラキラネームを付けられた世代は

将来自分の名前にコンプレックスを抱くように

なるのではないかと心配になるが。

 

みなさんは子どもの名づけについてどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る