札幌アップルストアの福袋の行列で生存確認!?まるで雪山遭難!?

apple

2015年1月2日、多くの店で初売りが行われ、

百貨店や人気ファッションビルでは

大行列ができたところも多かった。

皆さんの中にも初売りに走り回った方も

多いのではないだろうか。

 

そんな中、アップルストアでも2日朝8時から

全国8ヶ所の店舗で一斉に初売りが始まった。

 

アップルストアでは毎年数量限定で「Lucky Bag」という

福袋が販売されている。

アップル製品がお得に入手できるということで

アップルファンにとっては正月恒例のイベントとなっているほどだ。

 

今回、一部の店舗で行列の制限があったようだが、

各店舗では行列ができていた。

 

そんな中、札幌の店舗がネット上で話題になっていた。

ツイッターの情報では12月31日の時点から列が

出来始めていたそうだ。

しかし、1日の札幌は最高気温が-1.3℃

最低気温が-6.4℃

かなり厳しい気象条件となっていた。

初売り1時間前の2日7時の時点ではなんと

-8.4℃にまで落ち込むほどの極寒だった。

 

2日未明からは雪も降りだし、100人以上いた客は

雪をかぶりながらじっと寒さに耐えていたという。

 

並んでいた客の中にはツイッターなどで

行列の実況をする人もいたようだ。

 

「お茶を持ち上げた瞬間凍りました」

2日朝5時頃には警備員がやってきて

動かない人に声をかけるなどして

「生存確認」していると伝える人もいた。

壁などに寄りかかりながら雪まみれになっている

人々の写真などもアップされていた。

 

他にも「死ぬかもしれない。」

「まるで八甲田山のようです。」

「生と死をかけた戦いがここに」

など壮絶な状況を伝える人も続出していたそうだ。

 

こんな衝撃的なツイートにインターネット上では

「ここまで熱烈なファンを作れるってすごいことだと思う。」

と感心する人や

「北の大地に侍を見た」

と面白がる人も少なくない。

しかし、やはり極寒の地での行列なだけに

危険性を指摘する人もたくさんいたようだ。

 

アップル側に対しては

「リアルで死人が出ないと中止にならんのか?」

「アップルも凍死者が出て

問題化する前に考えた方がいいのでは?」

「今度からはネット販売にするか、

抽選にしたほうがいい」

などの厳しい意見も続出した。

 

並ぶ方もどうかと思うが、店側も死者が出てからでは遅い。

 

険しい雪山ではなく、札幌という街中で遭難に近いような状態を

作っているというのは本当に恐ろしいことである。

 

皆さんは真冬のアップルストアの行列についてどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る