美しさはそのままに容量が半分!新しい画像フォーマットが登場!

20141224

スマホやデジカメで撮影した写真が

どんなフォーマットで保存されているか

ご存知ですか?

 

実はこれは

「JPEG」というフォーマットで保存されます。

サイトで使われる画像や写真も

JPEGであることが大半。

 

それ以外だとビットマップや

PNG、GIFなどがありますが

普段生活する上で画像のフォーマットの

違いなんて気にしたことがないというのが

大半の意見ではないでしょうか。

 

写真がJPEGだろうがPNGだろうが

特に不便は感じません。

 

さて、そんな画像のフォーマットに新しいタイプの

ものが登場。

その名も「BPG」、

Better Portable Graphicsの略で

2014年にフランスのプログラマが提唱したもの。

 

BPGの何がすごいのかというと、

JPEGの半分のファイルサイズで同じ画質を実現できる

という点です。

 

つまり単純にデジタル写真が倍の数、保存できるようになる

というわけ。

 

画像にはいろんなフォーマットがありますが、

もっとも目にするJPEGは

ファイル容量を小さくできるので表示が早くなる、

フルカラー写真を見るのに最適、という特徴があります。

 

しかし、写真を大きく美しく見せたい場合、

ファイルサイズが大きくなってしまいます。

 

これはオンライン上ではメリットでありデメリット。

きれいな写真を見せたい場合、

表示にものすごく時間がかかってしまうのです。

 

そのため、オンライン上でやり取りするときは

最適なサイズまで画像の容量を圧縮する必要があります。

 

圧縮とは、画像の縦横の大きさはそのまままに、

ファイル容量を小さくすること

 

JPEGはこの圧縮ができますが、縮すると画像が劣化します。

また、JPEGは圧縮すると元の品質に戻すことは

できません

 

それに対し、圧縮しても元に戻せるタイプのフォーマットに

GIFがありますが、

GIFは表現できる色数が少ないので写真には向きません。

 

新しいフォーマットBPGは、

圧縮しても元の画質に戻せるのです。

 

美しい画像を今の半分の容量で、

しかも圧縮も復元も可能!

 

かつてGIFはよく使われていましたが、今は廃れて、

新しく登場したPNGにとって代わられたという

経緯があります。

 

JPEGがBPGに

取って代わられる可能性は多いにあります。

 

さて、いいことづくめに見えるBNGですが、

画像を作成するためのソフトや

表示できるブラウザが今のところ普及していません。

 

とはいえ、既存のブラウザでも表示させることは

可能なのです。 

運営側が簡単なJavaScriptを

サイトに設置さえしてくれれば。

 

作者が熱意と開発力で作り上げた新技術ですが、

私たちがこの恩恵を受けるためには、

運営側の思惑が大きく関係しているのです。

 

画像の美しさはそのままに、

今の倍の写真が保存できるようになるフォーマット、

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る