裁判員「満場一致で死刑です」 裁判官「先例に従い、判決は無期懲役とします」 裁判員「」

8f5e40e0

 

千葉県松戸市で起こった強盗殺人事件。

 

強盗殺人罪などの罪で起訴された竪山被告は、

裁判員裁判となった第1審で、死刑が選択された

事件前後にも別の強盗致傷などを繰り返していたことを考慮し、

裁判員たちが熟慮の末に出した結論だった。

 

しかし、第2審となった東京高裁は

第1審での死刑判決を破棄、無期懲役とした。

理由は、「1人の殺害でかつ計画性がない場合、

これまでの判決では死刑にならなかった」というもの。

 

被害者の母親は、

「裁判員は被告の人間性を見極めて死刑と判断したのに、

専門家が相場主義でひっくり返した」

と嘆いた。

 

裁判員裁判の死刑判決が破棄された例はこれまでに3件。

どれも、今回の東京高裁と同じ裁判長が担当している。

 

あなたは、どう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る