【自業自得!?】号泣議員の驚くべき現在と、過去の「仕事ぶり」の実態!

nonomura

意味不明な号泣会見

今年の夏に世間を驚かせた、野々村竜太郎・元兵庫県議。

 

2014年の流行語大賞候補に「号泣会見」が

入るほど、世の中に与えたインパクトは強烈でした。

 

野々村氏は兵庫県議だった間に受け取った政務費を

私的に使い込んだことが判明しており、

全額はすでに返済済みです。

 

しかし嘘の報告をしたことで、

兵庫県警は虚偽公文書作成・同行使容疑

書類送検する方針で捜査を進めています。

 

ところで、この野々村氏は騒動の後、

姿を見せていませんが、

どうしているのでしょうか?

 

どうやら大阪市内の実家

両親と暮らしているようです。

その実家はカーテンが閉ざされ、

野々村氏はほとんど外出もせず

引きこもっている様子。

 

たまに外に出る時は、マスクと帽子で顔を見られないように

しているとのこと。

 

野々村氏が政務費を私的流用するに至った理由は、

過去に4度の落選を経験し、選挙活動でお金が

なくなってしまったからだそうですが、

使い込みがバレたあとは母親に一喝され、

すぐに全額返済したのも母親に言われたためだといいます。

 

その母親も80歳を超えており、父親も病気がち。

野々村氏はわずかな貯金と両親の年金

暮らしているというのが現状のよう。

 

また、アルバイトしようにも

世間に顔が知られているので、

アルバイトもできないという

状況に置かれているといいます。

 

ところでこの野々村氏、兵庫県議になる前は

兵庫県川西市役所に在籍しており、その間は

総務部契約管財課、総務部資産税課、選挙管理委員会事務局など

多くの部署を渡り歩いてきました。

 

実は野々村氏は、

気に入らないことがあると大声でわめき散らすので、

上司や同僚から「扱いきれない」とたらいまわしにされ、

次第に外部の人と接触しなくていい部署

追いやられていったという過去があります。

 

一般的に民間より労働条件がいいと言われる公務員で

その働きぶりだと、確かにアルバイトも難しそうですね。

 

しかし、議員として甘い汁を吸ったからには

社会で働く厳しさというものも、

ぜひ知ってもらいたいものです。

 

お金を稼ぐことがどんなに大変なことか、

それを知らないままでは、野々村氏は自分の罪の大きさを

自覚できないのではないでしょうか。

 

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る