中国人の間で爆発的な話題!?国産「ゴキブリクラッカー」って何!?

gokicracker_02_z

日本でとんでもないクラッカーが発明された。

その名も「ゴキブリクラッカー」

 

今、ゴキブリ入りの即席ヤキソバや

冷凍スパゲティーが問題になり、

「今度はクラッカーにゴキブリ?」

一瞬驚いた人も多いのではないだろうか。

 

このゴキブリクラッカーは

あの食べ物のクラッカーではなく、

パーティーなどで使うクラッカーだ。

 

このクラッカーが今、中国版ツイッター

微博(ウェイボー)で120万人以上の

フォロワーを抱えるフリーライターが

16日にこのクラッカーを紹介した。

 

そのツイートでは日本の

「LINK FACTORY」という企業が

新しいクラッカーを発明したとし、

「ポンっと引っ張ると

ニセモノのゴキブリが出てきて

一味違ったパーティー体験ができる」

と紹介したそうだ。

 

このツイートから半日で1万回以上の転載が行われ、

2500件以上ものコメントが寄せられたそうだ。

 

見た目のインパクトよりも、気持ち悪さに

興味を示した中国人が多かったらしい。

 

この反応は賛否両論だが、

賛成派の中には

「元彼が結婚する時に

ぴったりなプレゼントをついに見つけた」

「実は本物だったりして」

「実は一匹だけ本物が入ってたりして」

「全部お菓子でできていれば

驚かしたあとに食べれるのに」

と多くのユーザーが共感していたらしい。

 

しかし、やはりゴキブリなだけに

「これをやられたら、仕掛けた人とは絶交する」

と強い拒絶を示すユーザーもいたそうだ。

 

虫嫌いにはおもちゃであろうとも触りたくないほど

いやなものだろう。

まして、クラッカーは飛び散るのだ。

それを回収するのは気持ち悪すぎる。

 

多くの日本人と同様に中国人にとっても

ゴキブリは恐怖の生き物だ。

 

このパーティーグッズを実際に使いこなすには

かなりの勇気とテクニックが必要だろう。

相手を選んで使わないと友達が減ることは間違いないだろう。

 

このクラッカーを開発した

「LINK FACTORY」について調べてみると

実はすごい企業だった。

 

今高視聴率を稼いでいる「ドクターX」での

特殊メイクや特殊造形に貢献しているらしい。

そんな企業が本気で開発した商品なだけに

ゴキブリはリアルなものに違いない。

 

でも、怖いもの見たさで、ちょっと買ってみたい気もする。

 

皆さんはゴキブリクラッカーについてどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る