韓国人も怒り心頭「ナッツ姫」の過去の悪行が次々と・・・

nats

大韓航空の女性副社長が

ファーストクラスで皿に盛られるはずの

「マカダミアナッツ」が袋のまま提供されたことに

激怒し、乗務員を降ろそうと離陸寸前の

旅客機を引き返せた「ナッツリターン」騒動。

 

日本でもかなりの話題になったが、

韓国ではいまだに騒動が収まらない。

 

騒動を起こした副社長「ナッツ姫」と

その父親で大韓航空会長が

謝罪し、騒動の火消しに奔走しているようだが、

むしろ事態は拡大しているらしく、

「ナッツ姫」のわがままぶりや、

大韓航空の「事なかれ体質」が露になってきた。

 

「ナッツ姫」は米国の大学でホテル経営学を専攻し、

1999年に卒業後に、大韓航空に入社し、

2006年には常務、12年には副社長に就任と、

かなりのスピード出世である。

しかも「ワガママ娘」として有名だったらしい。

 

もちろん、副社長になる素質のある人ならいいが、

ナッツリターン騒動からもわかるように

どうもそうではないらしい。

 

今回の騒動では

「サービスの欠点を指摘するのは

副社長の仕事」と強気でいたが、

実際は航空機内の指揮権は機長なのである。

それを指摘されると

「引き返しをしたのは機長だ」と責任転嫁。

 

騒動後、12月9日にはサービス担当役員から

外れることを発表しつつも、

副社長の職務は続けるという往生際の悪さに

批判の声があがり、10日に辞任に追い込まれた。

 

しかもナッツ姫から暴言を浴びせられ、

暴力をふるわれたチーフパーサーや、

「ナッツリターン」を目撃していた

ファーストクラスの乗客を

懐柔しようとしていたそうだ。

大韓航空自体も腐っている。

 

前副社長の前の席に座っていた女性は

事件のストレスで帰国後に大韓航空に抗議したが、

何の連絡もなかったが、

事件が報じられ、事態が変わってくると

「飛行機模型と大韓航空のカレンダーをあげる」

と電話で言われたそうだ。

 

そして、

「マスコミには確かに謝罪を受けたと言ってくれ」

と言われたそうだ。

 

韓国のネットユーザーの間では

「カレンダーと模型で謝罪?」

「金でできたカレンダーと模型だったかもしれない」

と冷ややかな反応だ。

 

他にも彼女の暴言・暴挙ぶりが話題になっている。

6年前には副社長が理事を務める大学の学長を

辞任させている。

さらに自身が双子を授かった際には

ハワイに転勤し、現地で出産した直後に

韓国に戻ってきたらしい。

この目的が子どもに米国籍を与えて

兵役逃れさせようとしていると非難された。

 

しかも、その批判をネット上に投稿した人を

名誉毀損で告訴したらしい。

 

ほかにも自分の悪口を気にして、

キャビンアテンダントのカカオトーク(韓国版LINE)を

チェックするなどの人権侵害もあったらしい。

 

このナッツ姫と大韓航空の傍若無人ぶりが

どんどん露になり、韓国人の怒りはピークに達し、

「韓国の恥だ」と大韓航空の社名を変えろ!!と

怒り心頭らしい。

 

大金持ちのお姫様はとんでもない「ワガママ娘」だ。

副社長という器ではない。

 

皆さんは「ナッツ姫」についてどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る