「Made in PRC」って一体どこの国のもの?

made_in_prc

最近になって「Made in PRC」という表示が

出てきたらしい。

 

これって、一体どこの国?

と思う方は多いはず。

 

実はPRCは中国のことなのだ。

 

中華人民共和国の

英文表記の頭文字ということらしい。

「People’s Repablic of  China」

 

確かにPRCだ。

 

今までは中国製といえば

「Made in China」が浸透している。

 

日本人に限らずだが、「Made in China」を

避ける傾向にある。

 

それを敢えて浸透していない「PRC」を

使うのはなぜか。

 

それは中国産を敬遠する消費者の目を

ごまかして、売り上げを伸ばそうとしている、

と専門家は指摘している。

 

中国産といえば、粗悪品の代名詞にもなるほどである。

 

国民生活センターには、中国製と知らずに買ってしまった

消費者から「PRCと表記することに問題はないのか」

と問い合わせがあったらしい。

 

中国製と知らずに買ってしまった消費者からの

相談が相次いだそうだ。

 

通販大手のヤフーや楽天などでも

「PRC」という表記が確認されている。

 

「PRC」と「中国産」の両方を表記している

良心的な店もあるが、逆に実際の製品のタグに

「Made in China」の表記があるにも関わらず

サイトでは「Made in PRC」と表記している

店舗もあるらしい。

 

中国だけではなく、店舗側も売り上げを伸ばすために

「PRC」をわざわざ利用していることもあるようだ。

 

このPRC表記は平成20年1月に発覚した

中国製冷凍ギョーザ中毒事件以降に増えたらしい。

 

この消費者の目をごまかすような行為は

違法ではないのかと思ってしまうが、

PRCは正式な略称であり、アメリカを「USA」と

表記するのと同じなのである。

 

消費者庁表示対策課では

「認知の度合いは低いが

事実であることは間違いない」

と不当表示であるとはいえない

という見解を示している。

 

しかし同庁の食品表示企画課では

食品に関してはJAS法の品質表示基準として

原産国は日本語で表記するように

定められているそうだ。

 

食品に関しては「Made in PRC」はもちろん

「Made in USA」も認められていないそうだ。

 

食品に関してはだまされることはなさそうだが、

これからも「PRC」が中国だという認識を

もっと広めないといけないようだ。

 

しかし、昨年から「PRC」表記に

切り替えたというメーカーからは、

売り上げが特に増えたということはなく、

客から「わかりにくい」という問い合わせが

寄せられたそうで、

メリットはなく、デメリットしかなかったそうだ。

 

結局「China」でも「PRC」でも店舗側には

ほとんどメリットなどないようだ。

 

そのうちPRCも浸透し、意味がなくなる日は近いだろう。

 

しかし、どうして中国は自分たちで作ってきた

「安かろう 悪かろう」のイメージを

商品で挽回するのではなく、

名前でごまかそうとするのだろう。

 

日本人にはさっぱり理解できない・・・。

 

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る