私を執拗に誘ってくる上司が、それが原因でクビになった。その3ヶ月後、家に帰ると布団に醤油がかけられていた!直後…

1-6

バイト先で知り合った
二つ上の彼氏と付き合って約1年。
お互いに新社会人になり、
忙しさに参りながらも励まし合って頑張ってた。
私の就職先は言わば弱小で、
でも仲良く頑張る貧乏家族のような雰囲気だった。
入社から半年たち、少しずついろんなことを
任せてもらえるようになった。

その時期から、研修で大変お世話になった
上司の様子が変になった。
困ったことはないか?の心配から始まり、
相談していいよ!と繰り返す。
挙句、私が悩んでると決めつけて
二人で飲みに行こうと執拗に誘ってくる。
断っても拒否しても、
それを遠慮と捉える上司(40代独身)に寒気がした。

ついに社長からの注意が入るくらい
問題視されても、しつこさは変わらない。
仕事にも支障がきたしてきたので、
結局上司はクビになってしまった。

彼氏に相談はしていたが、
「ちょwおっさんw」と言ったような反応だった。
悩んでるのに!と怒ったりもしたけど、
次第に私も気にしなくなっていった。

上司がクビになって3ヶ月ぐらいが経ったある日、
彼が私のアパートにくることに。
いつもはチェーンまでかけるけど、
彼が来るときだけは、
鍵だけかけてチェーンはしなかった。

が、その時はいつもの癖で鍵をかけた後
すぐにチェーンまでかけてしまった。
彼が来るからチェーンをはずそうと思った時、
私は変なにおいに気付いた。

それは調味料の類いの匂いで、
朝ご飯作った時のかな?換気しなきゃなと思って、
チェーンをはずさずに部屋の電気をつけて、
布団が目に入った瞬間私は叫んだ。
恥ずかしいけど敷きっぱにすることが多々あった
布団が、真っ黒になってた。
その周りには醤油や料理酒などの、
調味料の空容器が転がっていた。

異様なその光景が怖くて怖くて、
外に出ようとしたけど腰が抜けてしまってた。
這うように玄関まで行くと、
外側から鍵がガチャっと回されたところだった。
彼氏だ!と思って一瞬安心したものの、
チェーンのまま勢いよく開けては、
ガン!ガン!
ガン!ガン!

と何度も何度も乱暴にドアを開けようとしてた。

え?彼氏?と思って震えていたら、
ドアの隙間から
人が顔をだした。
遠くへ引っ越したと
聞かされていた、
あのクビになった
上司だった。

↓  ↓  ↓  ↓

私を執拗に誘ってくる上司が、それが原因でクビになった。
その3ヶ月後、家に帰ると布団に醤油がかけられていた!直後…

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る