<悲報!>みんな大好きマックフライポテトがSサイズだけになってしまう!?

poteto

今年7月に発覚した消費期限切れ肉使用問題以来、

様々なトラブルでどんどん売り上げが落ちている

マクドナルドだが、

今度はポテト不足に悩まされている。

 

日本マクドナルドは15日に、

「マックフライポテト」を17日から当面の間、

最も小さいサイズのSサイズのみでの

販売とすることを発表した。

 

米西海岸で港湾施設で海運会社と港湾労働者との

労使交渉が難航しているため

長引いているという。

労働者側が船舶への積み込み作業を遅らせているため、

材料を確保するのが難しいということらしい。

 

緊急措置として、今月8日から25日までの間に

ポテト1000トン超を航空便や米東海岸経由の

船便による調達を開始したが、

十分な量は確保できていないらしい。

 

マクドナルドは、アメリカ・アイダホ州などで

収穫し、加工したものをシアトルなどの

西海岸の港から輸入しているという。

 

西海岸の労使交渉が進まない限り、

日本へのポテトの輸入は難しい。

一体これはいつ解決するのだろうか。

 

ポテトの確保は困難かもしれないが、

売り上げが落ちているということは

客が減っているということ。

 

慌てなくても大丈夫な気もするが、

今回マクドナルドの対応は、

全国の3100店舗すべてを対象に、

ハンバーガーと組み合わせるセットメニューの

ポテトもすべてSサイズのみとし、

値段も50円引き下げることにしたそうだ。

 

たとえば、ビッグマックのセットは669円から619円

昼マックのポテトセットは550円から500円

変更となる。

 

労使紛争での食材受給が困難に陥るのは

今回が初めてらしい。

 

マクドナルドの利益はかなり落ちているが、

マクドナルドのポテト好きな人は

かなり多いはずだ。

追加でSサイズを注文する人が

増えて結局は不足しそうな気もする。

 

マクドナルドもついに来るところまで

きてしまった。

かなりの危機的状況といえるだろう。

 

みなさんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る