喉頭がんで一時は廃業覚悟!?林家木久扇「笑点」の絆に感謝!!

kikuou

老舗番組「笑点」でお馴染みの

落語家の林家木久扇(77)が11日に、

日テレ系「あのニュースで得する人、損する人!」

にVTRで出演し、7月に咽頭がんと診断され、

廃業も考えていたことが明らかになった。

 

木久扇さんは6月半ば頃から、かすれ声になり、

皮膚がくっついているような感じがしたということで

病院に行ったところ、喉頭がんということが判明した。

第2ステージで初期だったという。

 

そして7月21日に公表し、休養を発表した。

約1ヶ月半の放射線治療をし、9月21日の舞台で

復帰を果たし、9月27日の笑点の収録(10月19日放送)で

番組復帰した。

 

治療のための休養とはいえ、

仕事や弟子たちのことが心配だったという。

 

「ぼくら、声出なかったら、

やっぱり廃業なのかなぁ。

戻れないのかなぁ」

と一時は廃業を覚悟したという。

 

確かに落語家にとって声が出ないというのは

致命的なことだ。

 

「ぼくらの職業はいくら有名でも、

休んじゃうと無収入になっちゃうんですよ」

「稼げない師匠がいる、という・・・

ただのおじいさんになっちゃうのはいやだったんです。」

とかなり苦悩した様子だった。

 

番組開始から47年間、

一度も休んだことがなかった木久扇さん。

そんな笑点に穴をあけるのも嫌だったという。

 

テレビはテンポの早い娯楽だから、

あそこに誰かが座ってしまうのではないか

不安になったそうだ。

 

しかし、木久扇さんが休養していた

12回の放送ではきちんと座布団が置かれていた。

笑点メンバーやスタッフはそんなに簡単に

木久扇さんを切り捨てたりはしなかった。

 

やはり、そういう長年の温かい絆があってこそ、

安心して治療に専念できただろう。

 

笑点メンバーも5代目三遊亭円楽さんが

2009年に亡くなり、どんどん高齢化している。

今後も笑点メンバーの体調不良も

多くなってきそうだが、

彼らの絆で乗り越えていってほしい。

 

みなさんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る