たかじんさんの遺産で泥沼劇!?自宅金庫の1億8千万「私のものにして」と相談?

takajinn

遺産相続でもめるのはよくある話だが、

やはり今年1月に多額の遺産を残して

亡くなったやしきたかじんさんも

遺族間でかなり揉めているようだ。

 

 

最初に口火を切ったのは

たかじんさんの娘Aさんだ。

 

たかじんさんの最後の741日を

32歳年下のさくらさんとの純愛を描いた

ノンフィクション「殉愛」について

Aさんの名誉毀損にあたるということで

出版差し止めを求める訴訟を起こしたという。

 

本の中でAさんがたかじんさんに送ったとされる

メールの内容が虚偽であると指摘し、

さくらさんの言い分と食い違っているということだ。

 

それに加え、たかじんさんの巨額の遺産を巡っての

トラブルに発展しそうだという。

 

たかじんさんの遺産は8億から9億だという。

そのうち、6億は大阪市などへ寄付し、

それ以外を全額さくらさんに相続させる。

娘のAさんには相続させないと

遺書に明記されているらしい。

 

民法上では、Aさんは遺留分減殺請求を出せば

遺産総額の4分の1を受け取れるらしいが、

遺産執行者のB弁護士がそれを考慮せずに

遺書を作成してしまったのだという。

 

そのため、Aさんは減殺請求権を求める

訴訟を起こす可能性があるそうだ。

 

自宅金庫にあるさくらさん専用金庫に

1億8千万円があるそうだが、

たかじんさんの遺産総額に

それは含まれていないらしい。

 

B弁護士の解任審判では

B弁護士はさくらさんから

「自宅金庫の現金は

私のものだったことにして欲しい」

相談を受けたと証言したという。

しかしさくらさんはその証言は嘘だ

と言っている。

 

一体何が本当で何が嘘なのか。

本当に泥沼である。

 

たかじんさんの知り合いの中でも

さくらさんの評判は真っ二つに

分かれているらしい。

 

亡くなる直前のたかじんさんと婚約したさくらさんが

遺書を作成する際に記録した動画があるらしいが、

それを見た関係者は驚いたという。

 

弁護士が

「これらを○○さん(さくらさんのフルネーム)に

遺すことを承知しますね」

と聞くのだが、たかじんさんは

意識朦朧としながら「はぁい」と

言っていたそうだ。

その様子からも弁護士が言っている内容を

理解しているようには見えなかったそうだ。

 

余命いくばくかの意識朦朧としている人に

対して動画をとりながらそういうことをするなど

ありえないことである。

 

そう考えると、さくらさんに対して

疑いの目を向けてしまうのもよくわかる。

 

しかし、さくらさんのことを高く評価する人も

多いのは確かなのだ。

 

真相は本人のみが知るのだろうが、

何億もの遺産を手にするのだから、

どんなに確執があろうとも

娘のAさんに少しくらいわけてあげても

バチはあたらないだろうに。

 

本当にさくらさんがいい人なのであれば、

遺産のうちのいくらかはAさんに

渡しているのでは?

 

2000万や3000万の遺産だと

家を買ったりするとオワリだが、

何億もあるのだから

独り占めするには多すぎるだろうと

思うが・・・。

 

そうではないのか?

 

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る