ハゲたくない人必見!!ハゲ防止のための生活習慣6ポイント

N912_atamawokakimushiru500

 

男性にとって無視できない将来の不安の一つに、

「ハゲ」

が、含まれている方も多いのではないでしょうか。

 

髪の毛が薄くなると、老けて見られるし

魅力も薄れてしまうのは事実。

 

男性に最も多い脱毛症「AGA(男性型脱毛症)」の原因の

ひとつが遺伝だと言われています。

特に母方の遺伝子が関係しているので、

母方の祖父が薄毛だと、薄毛になる可能性が高いのです。

 

でもそれはあくまでも要因の一つ。

生活習慣の中にも薄毛を招いてしまうものがある

ので、そこに注意すると薄毛対策になります。

 

薄毛を招く生活習慣をご紹介しましょう。

 

「脂っこいものばかり食べている」

 

肉や揚げ物などが好物、という男性は少なくありませんよね。

しかし、余分に摂取した脂が頭皮の皮脂腺から過剰分泌され、

毛穴を詰まらせてしまうことがあるのです。

そうなると、髪が抜けやすくなります。

 

「お酒が大好き」

 

お酒を飲みすぎると肝機能が低下し、

発毛に必要な新しい細胞を作ることができなくなります。

飲みすぎは髪の毛にもよくないのです。

 

「タバコ」

 

タバコを吸うと、ニコチンなどの有害物質が体内の血流を悪くします。

特に頭皮などの毛細血管に血液が行き渡らなくなるので、

毛根や毛髪に栄養が届かなくなります。

栄養不足になると、育つ髪も育たなくなるので要注意。

 

「頭をガシガシ洗う」

 

ツメを立ててガシガシ洗うと、汚れもスッキリ、気分もスッキリ!

と思われるかもしれませんが、ツメを立てて頭皮を洗うと

頭皮を傷つけてしまいます。傷ついた頭皮は抜け毛の原因になるので、

ガシガシ洗うのはNG。

 

「洗いすぎ」

 

毛穴の詰まりが抜け毛の原因には違いないのですが、

だからといって一日に何度も洗うのもNG。

頭皮に必要な皮脂を根こそぎ洗い流してしまうと、

頭皮は皮脂が足りないと勘違いして過剰に皮脂を分泌。

洗いすぎると余計に脂っぽい頭になってしまいます。

特に冬場は一日一回の洗髪でOK。

 

「頭のコリを放置」

 

肩や背中だけではなく、実は頭もこります。

なかなか気づきにくいのですが、頭皮がほんの少し固くなります。

頭のコリは血流が悪くなっている証拠。

頭皮をマッサージしてほぐしたり、ヘッドスパを取り入れている

美容室へ行くのもおすすめ。

 

将来ヤバイかもと感じている方で、

これらの項目が当てはまる方は

頭髪のダメージが深刻になる前に、

ほんの少し生活習慣を見直してみてはいかがですか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る