年賀状の既読スルーは印象が悪いらしい。その回避策は?

1312208top

 

LINEでおなじみの「既読スルー」

メッセージを読んでいるはずなのに

なんの反応もしてくれないこの状態、

反応を待っている方は焦らされているため、

のちにトラブルに発展してしまうことも。

 

既読スルーは相手への印象が悪くなってしまう

傾向がありますが、実はアンケートによって

年賀状の既読スルーでも同じ傾向があることが判明。

 

最近は発行枚数がすっかり減り、

メールやSNS上での新年の挨拶も増えてきましたが、

社会人となると年賀状はビジネスマナーの一つ。

 

しかし年末年始は帰省や旅行などで

自宅を不在にしている場合も多くあります。

 

正月も三が日を過ぎて帰宅し、

出していない人から年賀状が届いていることに

気づいた…なんてことだって、よくある出来事。

 

すぐに職場で会うけど、出すべきか、出さざるべきか。

「今さら」の間で気持ちは行ったり来たり。

 

ですが、部下を持つ30~50代の

男性会社員200人に「こちらが出した年賀状に対する反応」について

アンケートを取ってみたところ、

 

遅れて届いた場合=マイナス9点

スルーされた場合=マイナス24点

 

という結果に。

今さらですが、出さないよりは出した方が印象がいいのです。

 

今さら年賀状を出しても届くのは早くて明日、

だったらメールやLINEでもいいのでは?

すぐ届くし。

 

そう思うのも仕方ありませんが、実は送った年賀状に対し

メールやSNSで挨拶を返すことに関しての印象は、

 

マイナス18点

 

ビジネスでメールやLINEを活用しているからといって、

新年の挨拶までメールやLINEで済ませてしまうことに関して、

風習を重んじる世代は、そんなに寛容ではないようです。

 

社会人としての信頼を失いたくなければ、

年賀状は元旦までに届くようにきちんと手配しておくほうが

よさそうですね。

 

出さないよりは出したほうがいいので、

迷っているなら「出す」方向で

手配しましょう。

 

皆さんは年賀状の既読スルーについて、どう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る