天国へ…ギネス記録を持つ2つの顔の猫「フランク&ルイ」が安楽死

9e213f42

 

アメリカのマサチューセッツ州に住んでいた

「2つの顔を持つ猫」

15歳で天国に旅立ちました。

 

この猫の名前は「フランク&ルイ」

顔は二つ、体は一つのオス猫です。

 

どちらの顔も主張してくるので、フランクとルイという

2つの名前を与えられたこの猫。

「顔面重複奇形」という珍しい先天性疾患で、

目、鼻、口は2匹分、耳と脳は1匹分。

 

フランク&ルイは、

脳は一つですが、お互いの表情や反応は

同じではなかったといいます。

真ん中の目は見えておらず、まばたきもしないので

見える目は合計で2つ。

 

口の機能はフランクしかないので、

食べるのはフランクが担当していました。

 

こうした2つの顔を持つ猫は、

2つの顔を持つローマの神にちなんで

「ヤヌス猫」と呼ばれます。

 

ヤヌス猫は口蓋裂などの先天性欠陥のため、

母親のミルクを飲むことが困難です。

結果、ゆっくりと餓死するか、

ミルクが肺に入って肺炎を起こして死亡するケースが

ほとんど。

 

赤ちゃんの時にフランク&ルイを診察した獣医も、

ヤヌス猫ゆえに「長くは生きられないだろう」と飼い主に

告げたそうです。

 

しかし、獣医の予想に反してフランク&ルイは

長く生き、12歳の時にギネス世界記録にも登録。

 

しかし15歳になった今年、フランク&ルイに

ガンが見つかりました。

 

苦しむことが予想されると獣医の説明があったことから、

飼い主はフランク&ルイに安楽死を選択。

 

実は飼い主は、赤ちゃんだったルイ&フランクを引き取った時にも

「あなたのためにならないと思う」と

周囲から安楽死を勧められていたといいます。

 

それでも飼い主はできるだけ育てることにし、

愛情をかけてフランク&ルイを飼ってきました。

それならどうして最期は安楽死なの? と疑問に

思うかもしれません。

 

しかし、年齢的にもフランク&ルイは治療に耐えても、

ガンの克服は難しいはず。

治療が、ただ痛みを与えるだけのものになる可能性もあります。

 

おそらくは飼い主にとって

「痛みを与えない」ことが

フランク&ルイへの最後の愛だったのでしょう。

 

顔が二つという過酷な運命を背負わされた

フランク&ルイですが、

間違いなく幸せな生涯だったはずです。

 

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る