鉄道員への暴力→「理由なく突然に」が1位!?

ここ数年、様々な場所で暴力行為

問題になっている。

bouryoku

病院などにも数年前から貼紙がされ、

医師や看護師に暴力をふるう行為があり、

それに対する注意書きのようなものが

あったりするのを見た人は少なくないのでは

ないだろうか。

 

そして、鉄道員への暴力も例外なくすごいらしい。

 

しかも驚くことに、

その暴力の理由のダントツ1位が

「理由なし」

なのである。

 

理由なく、人に暴力をふるうとは

一体どういうことなのか理解できない。

 

日本民営鉄道協会が発表した

2014年上期の鉄道係員に対する暴力行為の

件数、発生状況では、

大手民鉄16社で、4月から9月までに起きた事件の

集計では125件だったという。

これは前年同期より15件多いらしい。

 

こういった暴力が起こるのはなぜなのか、

想像する範囲では、「注意したら逆上した」

「乗客の喧嘩に巻き込まれた」などが

上がってくるが、「理由なく突然に」

ダントツ多いのである。

 

ややこしそうな人には注意しなければ

被害は起こらないかもしれない、

喧嘩の仲裁に入るなどであれば、

ある程度のことは想像はつく・・・・

 

しかし、理由なく突然に暴力をふるわれる

というのは本当に驚きである。

 

しかもこの割合が2012年度、2013年度と

その比率がどんどん上がっているのだ。

 

今年の理由なく突然に暴力をふるったという

件数は43件で34%だという。

 

迷惑行為を注意して逆上などというのも

たいがいひどいと思うが、

「理由なく突然」に暴力をふるうなど

もってのほかである。

 

しかもその「理由なく突然に」の加害者は

60歳代が一番多いらしく、

21%にものぼる。

 

その理由なく暴力をふるった人の共通点で

多いのは飲酒状況だった。

「飲酒あり」の場合が90件で

72%を占めているという。

 

日本民営鉄道協会などは、

暴力防止のためのポスターをつくり、

駅や車内に掲出するそうだ。

 

「酔っていたでは許されない」という

メッセージも強く訴えていくという。

 

しかし・・・。

酔っていきなり暴力をふるうような人が

そのポスターで衝動的な暴力を

抑えられるのかは疑問でもあるが・・・。

 

とにかく理由もなく暴力をふるう人間が

そこらじゅうにいるというのは本当に

恐ろしい話である。

 

気をつけたい・・・。

 

みなさんのまわりにはいませんか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る