【ウルッとくる話】大学生の時に原付きで爺さんを轢いてしまった。下衆なことしか考えていなかったが、思ったより処分は軽かった。それは、爺さんが…

1-6

13〜14年前、俺は親元を離れて一人暮らしの大学生…
という名のロクデナシだった。

自己愛性人格障害の父親に反発しつつも
影響をモロに受けプライドばかり高く、
傲慢さを誇りと取り違え、
感謝の気持ちを知らない鼻持ちならない香具師だった。

そんなとき俺は交通事故を起こした。
原付で90歳の爺さんにぶつけてしまった。

夜中とはいえ横断歩道を渡っていたのに
直前まで気が付かなかったこちらのミス。

地元の名士だったらしく、
集まってきた付近の住民たちが口々に俺を責め立てる。

救急車で運ばれる爺さん。
オタつきながら俺はこう考えていた。

「これで前科者か?どうしよう…」

「死んじまったら補償が…」

下衆だった。どうしようもなく。

一緒に走っていた友人に付き添われ、
逃げ出したい衝動を堪えつつ病院まで付いていった。
こいつは警察の事情聴取にまで付き合ってくれた。
そして略式裁判。
思ったより処分は軽かった。

それは、弁護士だった爺さんが・・・

↓  ↓  ↓  ↓

【ウルッとくる話】大学生の時に原付きで爺さんを轢いてしまった。
下衆なことしか考えていなかったが、思ったより処分は軽かった。
それは、爺さんが…

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る