紅白歌合戦の人生に疑問の声多数……ヒット曲が無いのに選ばれているのは誰だ?

年末の風物詩・紅白歌合戦。

既に番組の権威は失われているものの、

未だに話題になり続けているのはさすがです。

先日、今年の出場歌手が発表されましたが、

相変わらず不可解な人選だったことを受け、

小倉智昭と松本人志が番組で苦言を呈しました。

rvtrHSAyLT3Roh5_0

小倉はフジテレビ系「とくダネ!」で人選が取り上げられた際、

「どうやってこのメンバー決まるのかって毎年思いますけどね」

「ぼくはコブクロとゆずがなんで落ちるのかって。分かんないっすよねえ。

あれだけ人気がある2組、NHKにもゆかりがあると思うんですけどね。

オリンピックのテーマソング歌ってたりしますよね。

これまあ、NHKの貢献度が一番重要だとは言ってますけどね」

コブクロはソチ五輪のテーマ曲を担当し、

ゆずは朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」の主題歌を歌っていますから、

二組共資格は十分。

同番組レギュラーのフジテレビ芸能デスク前田忠明は、

「ヒット曲出してないのに選ばれてる人は毎年何人もいるよね」

と、誰もが一度は疑問に思ったことがある件について触れました。

やり玉に挙げられているのは和田アキ子。

タレントとしてはTBS系「アッコにおまかせ!」で毒舌を連発し、

視聴者を楽しませている一方、

本業の歌手としては全くヒット曲に恵まれていません。

今年は「あの鐘を鳴らすのはあなた」を歌うことが決定していますが、

実は、この曲は過去10年間の間に3回も歌われている曲なのです。

つまり、少なくとも10年間の間、和田アキ子はヒット曲を出していない。

にもかかわらず、選出され続けているのです。

和田アキ子と親交が深い松本人志も、

フジテレビ系「ワイドナショー」で紅白の人選について、

「毎回、『なんで?』っていう人はいますよね。それは絶対にいますよ」

とコメントしています。

疑問に思う人は多くても、外せない事情があるのでしょうか?

 

 

あなたは、この記事についてどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る