年末年始に朗報!?効果のある二日酔い対策とは?

PAK86_atamawokakaerudansei20131223500

 

師走に入り、なんだかせわしくなってきましたね。

年末年始にはクリスマス、大みそか、正月など

イベントが立て続けにやってきます。

忘年会、新年会の予定もどんどん決まってきていますね。

 

そして楽しいお酒の席と切っても切れないのが

二日酔い。

次の日の朝、起きてみたら頭はガンガン、胃はムカムカ。

二日酔いはつらいものです。

 

ならないなら、それに越したことはないですし、

なってしまったら早く治す方法を知りたいですよね。

 

巷ではこの二日酔い対策として

「牛乳を飲む」「締めにラーメンを食べる」など

いろいろ噂されていますが、

果たして本当に効果があるのはどれなのでしょうか?

 

医学的に、二日酔いにならないための一番の対策は、

肝臓の代謝能力を超えたアルコール量を飲まないこと

だそうです。

 

しかし、それができないから二日酔いも起きるし、

それへのあやしげな対策もあふれているわけで。

 

二日酔いを解決するために大切なのは、

「アルコールの分解で消費された水分とエネルギーの補給」

「肝臓の代謝機能を高める成分の摂取」

「尿や汗、呼気などでアルコールを体外へ排出」

という3つのメカニズムのどれかに当てはまらないと

効果が期待できません。

 

具体的に二日酔いに効果がある対策をご紹介。

 

あらかじめ牛乳を飲む。

有効です。胃に膜ができるからではなく、

牛乳に含まれるたんぱく質に肝機能アップ、

アルコール分解促進の作用があるため。

 

締めの、

ラーメンに予防効果はありません

水分補給のためなら

スポーツドリンクやシジミの味噌汁のほうが効果的。

 

カレーに含まれるターメリック(ウコン)は

肝機能を高めるので、効果アリ

 

最強の締めはおしるこ

小豆に含まれるカリウムやサポニン

は利尿作用があり、有害物質を体の外へ出してくれます。

サポニンには肝機能アップさせる効果もあり、

砂糖は疲れた肝臓のエネルギーになるのです。

 

他にも、

「生卵を飲む」「深呼吸をする」

などが効果アリの二日酔い対策です。

 

そして二日酔いになってしまったら、

朝に取るといいのが「ジャガイモのすりおろし汁」

 

ジャガイモに含まれるビタミンCが

体内の活性酸素を除去してくれ、

利尿作用のあるカリウムも豊富です。

 

「まいたけの味噌汁」も、まいたけの

βグルカンが肝機能をアップするのでおすすめ。

 

意外にも「コーラ」は、もともと二日酔い用の

薬として発売されたので効果があるそうです。

 

これで年末年始のイベントが続いても

怖くないですね。

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る