「気持ち悪い」!?ジャポニカ学習長から消えた○○写真

japonika2

ジャポニカ学習帳といえば、小学生のノートとして、

一番有名なのではないだろうか。

 

きっと皆さんも小学生の頃、

一度は使ったことがあるだろう。

 

ジャポニカ学習帳といえば、

表紙に珍しい昆虫の写真が載っていたのだが・・・

 

それが2012年に昆虫の写真が消えていたらしい。

 

その理由が驚くことに

教師や親からの苦情だった。

 

「気持ち悪い」

 

ということだそうだ。

 

この気持ち悪いといわれているジャポニカ学習長だが、

文具メーカー「ショウワノート」の

来年で45周年を迎えるという

超ロングヒット商品なのである。

 

学年や科目ごとに異なる約50種もの商品が

販売されているという。

 

その表紙を飾る写真は1978年以降、

1人のカメラマンによって撮影され続けてきたという。

 

「アマゾン編」や「赤道編」など、

世界各地に滞在して数ヶ月かけて

撮影してきたそうだ。

 

40年以上も愛されてきたこのノートが

ついに「気持ち悪い」という理由で

昆虫の写真の掲載をやめるという選択に追い込まれた。

 

その苦情の内容とは・・・

 

「娘が昆虫写真がいやで

ノートを持てないと言っている」

 

「授業で使う時、表紙だと

閉じることもできないので困る。」

 

他にも教師からの苦情もあったという。

 

こういった苦情は10年ほど前から

寄せられていたようだ。

 

この苦情はそれほど多いものではなかったそうだが、

ショウワノートは昆虫写真を使わないことにしたそうだ。

 

ショウワノートによると、

学校の授業や、家に帰ってからの宿題など

お子さんがノートを使う機会は多く、

友達といる時間より長いかもしれない。

先生もノートを集めたり、添削したりと

見る機会が多い。

そんな商品だからこそ、1人でも

いやだと感じる人がいるのであればやめよう

ということになったそうだ。

 

多い時はジャポニカ学習長の半分近くを

昆虫が占めていたそうだが、

改版するたびに徐々に減らしていき、

2年前に完全に削除されたという。

 

昆虫嫌いな子どもが最近は多いが、

昆虫好きな子どももそれなりに多いはずだ。

 

せめて珍しくなくともカブトムシやきれいな蝶など、

一部の昆虫くらいは残してもよかったのではないか・・・

と思うが、皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る