<仏像窃盗>古館キャスターの「説教」?に視聴者が反発で炎上!?

長崎県対馬市でまたしても韓国人に

仏像を盗まれた。

 

11月24日、梅林寺から市の有形文化財指定の

仏像を盗んだとして建造物進入と窃盗の容疑で

韓国人の男が逮捕された。

 

さらにこの男は同寺が保管している

大般若経350点も持っていた。

警察はさらに余罪を追求している。

 

男は「日本の仏像を売れば金になる」という

供述をしている。

対馬市では2012年にも仏像の窃盗事件があった。

furutati

そしてこのニュースに

日本人が激怒する中、ニュースキャスターの

古館伊知郎さんがカメラに向かい、

「仏の教え」を説いたことがネットで話題になっている。

 

仏像が盗まれたことで大騒ぎしている日本人を

たしなめるような言動に違和感を覚えた人が

多かったようだ。

 

この事件の翌日、「報道ステーション」でも取り上げられた。

この番組の冒頭で古館さんは問題の発言をした。

 

「これも腹が立つわけですけども、

別の面から考えますと、仏教ってのは

そもそも生きるうえで物質世界に捉われている。

その執着をダメだよって教えもあるんですけどね。」

 

この事件のVTRでは住職が身がはがされる気持ち、

腹立たしさがあるというコメントをしており、

それを受けて、さらに古館さんが

対馬の人々や住職が怒るのはわかると理解を示した上で、

 

「その大般若経のことはわかりませんけど

般若心経の有名なお経でいうと

『とらわれることから離れなさい』

『こだわることを忘れなさい』

とこだわらない心、とらわれない心を

教えてくれているんですね。」

 

といつもの様子とは違い、穏やかなものだった。

 

さらに

「物に執着する我々みたいなのが

浮き彫りになるんです。

皮肉にも・・・」

と続けた。

 

これに対して容疑者をかばったと

受け取ったネットユーザーが

「取ったもん勝ちの無罪か?」

などと批判された。

 

「そもそも仏教では盗みは禁じられています」

「仏教には不偸盗(ふちゅうとう)という戒律がある」

と、古館さんの仏教への理解が浅いという指摘もあった。

 

「お釈迦様にでもなったつもりで視聴者に説教」

とも言われている。

 

しかし、古館さんは恒例のトークイベント

「トークブルース」を1999年に京都の永観堂で

開催した際、お経にも挑戦していた。

仏教には彼なりの見解があるのかもしれない。

 

確かに仏教の戒律では盗みはいけない

といわれているかもしれないが、

古館さんの言うことも分かる気がする。

 

古館さんは盗むことが無罪とは言っていない。

警察が捜査をして、犯人を見つけてくれるのだから、

取られたものに執着して怒るのではなく、

お釈迦様の教えの中身を理解できていれば

それでいいということが言いたかったのかもしれない。

 

これに関する正しい答えは

お釈迦様のみが知る・・・ということだろうか。

 

あなたは仏像窃盗と仏教観についてどう考えますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る