えっ!?大人がガチャガチャ?その謎を紐解いてみたwwwwwww

子どもがスーパーなどの店先でよく

親におねだりしている「ガチャガチャ」

 

これが今注目を集めている。

 

しかも、大人がハマってしまっているらしい。

 

ガチャガチャ界では、今

「コップのフチコさん」とやらが大ヒットしているらしい。

futiko

しかもこれは日本人のみならず

外国人観光客の注目も集めているという。

 

秋葉原の電気街にあるその名も

「ガチャポン会館」

には約500台ものガチャガチャが

ところ狭しと並んでいる。

なんと日本最大のガチャガチャ専門店だという。

 

そのたかがガチャガチャに、

土日の午後にもなると店内に人が溢れるらしい。

客は大人と子どもが半々。

 

人気のベスト3は

 

1位 「孤独のグルメ」(テレビ東京の深夜番組)

2位 「コップのフチコさん3」

3位 動物がだら~んとくつろぐ「つかれた寝」

だそうだ。

 

しかし、今売り切れ中の

「セーラームーン」と「妖怪ウォッチメダル」があれば

この二つが上位だという。

 

これらのガチャガチャは一回200円から300円だという。

 

新商品が入荷されるとまた、人は飛びつくのである。

 

上野駅前の「ヤマシロヤ」では

1位「コップのフチコ クリスマスバージョン」

2位「スマホのおふとん」

3位「コップのフチコさん3」

と店によっても人気商品が変わってくるらしい。

 

なぜ人々はガチャガチャにはまるのか。

 

その秘密はシークレット商品らしい。

ガチャガチャの中でも商品が

オープンにされていないお楽しみがあるそうで、

それを出すために連続でチャレンジする人が

後を絶たないのである。

特にお金を持っている大人だ。

 

お客さんのうち、2割は外国人だという。

外国人には最近注目されているアニメの商品らしい。

ナルト、ワンピース、ドラゴンボール、

アジアの人にはアンパンマが人気だ。

 

最近では外国人が「フチコドコデスカ?」と

聞いてくる通な外国人もいるとか。

 

そして大人がハマる極めつけの理由が、

人気商品でも「売り切れ御免」!!

再発売がないらしい。

これがガチャガチャ業界の掟だそうだ。

 

これがどんどん大人がハマる理由だった。

 

あなたもガチャガチャやってみる?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る