【おそロシア】プーチン大統領が空手八段に昇段→対人戦闘能力がさらにアップ!

pitin

各国の首相の中でも「対人戦闘能力」が抜群に高いと

言われている、ロシアのプーチン大統領

 

元KGBのスパイという経歴もさることながら、

複数の格闘技を修めていることに原因があるようです。

 

そのプーチン大統領ですが、このほど空手八段に昇段。

国際空手道連盟極真会館の盧山初雄氏が公式に書簡を発送しました。

 

間違いなく世界最強の大統領であるプーチン大統領。

空手もすごいけど、柔道家としても知られています。

 

柔道はKGBに入るために11歳のころに始め、

2001年に5段に昇段。

今までも柔道に絡んだ話題を提供してくれています。

 

2000年7月には、沖縄サミットで訪れたうるま市で、

柔道の練習にスーツの上着を脱いだワイシャツ姿で飛び入り参加し、

中学生に投げられるパフォーマンスを披露。

 

投げられる大統領」の姿は世界中に報道され、

話題になりました。

 

また2000年9月の来日時には講道館で技の型を披露、

この時に講道館に柔道六段の名誉段位の贈呈を提示されましたが、

「私は柔道家ですから、六段の重みを知っています」と

丁寧に固辞

 

2012年のロンドンオリンピックの男子柔道を、

イギリスのキャメロン首相と

ともに観戦し、ロシアのハイブラエフ選手が決勝戦を一本勝ちし

金メダル確定になったときには飛び上がって喜ぶ姿が見られました。

 

また、大統領になる前には「プーチンと学ぶ柔道」という本も

執筆しているほど、柔道には精通しているのです。

 

ちなみにプーチン大統領は2013年に韓国から、

韓国の伝統武術であるテコンドーの名誉九段も贈られています。

 

プーチン大統領自身はテコンドー未経験者なので、

これはテコンドー普及のための一種のパフォーマンスなのですが、

格闘技スキルは格段に近いので、始めたとしても

すぐに昇段していきそうですね。

 

ちなみにこのテコンドーの名誉九段というのは、他には

米国やインドネシア、ホンジュラス、スペイン、

クロアチア、パキスタンの大統領たちが持っています。

 

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る