【奇跡!】世界に43人だけ存在する「黄金の血液型」とは?

photo01_large

 

血液型は、赤血球の型で分類するおなじみのABO式血液型や、

Rh因子で分類するRh式血液型を始め、

白血球や血漿の型で分類する方法など、

実はいろんな分類方法があります。

 

人間の赤血球の表面には、最大で342種類の

抗原が存在します。

この抗原もまた血液型を判別するための重要な要素です。

342種類のうち、約160種類はほとんどの人が持っています。

 

この誰でも持っているはずの約160種類の抗原を

持たない人は、地球上の99%の人とは異なる血液型、という

ことになります。

 

輸血をする際、基本的に同じ型の血液からしか

輸血は行えません。

 

輸血の手順は、大ざっぱに言えば、

試薬でABO型、Rh型を調べ、同じなら、

輸血する側、される側の血液を混ぜ合わせて

異常な反応が出ないか確認してから輸血をします。

 

しかし中には、抗原を一切持たない血液というものも存在します。

抗原を持たないということは、どの血液と混ぜても

異常反応が起きないということ。

誰に対しても輸血を行える血液というわけ。

 

人口の0.01%未満しか持たないという幻の血液型は、

黄金の血液型」とも呼ばれています。

 

この「黄金の血液型」は、今から40年ほど前に発見されました。

 

40年前、10歳のトマス君が感染症を起こしてジュネーブの大学病院に

運び込まれてきました。

彼の血液を検査したところ、血液型を決める要因の一つ、Rh抗原が一切

存在しないことが判明。

 

当時、抗原が存在しない血液はあり得ないとされていたため、

念のためにアムステルダムとパリの研究所にも

トマス君の血液解析を依頼したところ、同じ結果が出たのです。

トマス君は、すべての抗原を持たない「Rh null」という血液型でした。

 

それ以降、2010年までに43人が黄金の血液型、Rh nullとして

確認されています。

 

その43人のうち、輸血に応じてくれる人物

トマス君を含むブラジル・日本・中国・アメリカ・アイルランドに住む

6人だけだそうです。

 

貴重な黄金の血の持ち主が、日本にもいるのですね。

しかし黄金の血の持ち主は、誰にでも輸血できる反面、

誰かからの輸血を受けることはできるのでしょうか?

 

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る