鬼畜親!!幼児が餓死!?腸には信じられないものが・・・

またもや子どもの悲しい虐待死が起きた。

namida

3歳の長女に十分な食事を与えず、

衰弱死させたとして、大阪府警は

茨木市に住む大工、岸本友希(ゆうき)容疑者(22)と

19歳の母親を殺人容疑で逮捕した。

 

死亡したのは長女の紗弥音ちゃんは、

筋肉の発達が遅れる

先天性ミオパチーを患っていた。

 

死亡時の体重は約8キロだったという。

3歳児の平均体重が15キロのため、

平均の半分程度しかなかったのである。

 

今年2月に主治医が紗弥音ちゃんを診察した際には

異常は見られなかったという。

 

そのため、今年の2月以降、

死亡する6月15日までの間に十分な食事を与えず

衰弱死させたと見られる。

 

岸本容疑者が死亡した日の午後1時頃、

自宅の浴室で紗弥音ちゃんが倒れているのを

発見し、119番通報したが、

病院で死亡が確認されたのだという。

 

府警によると司法解剖の結果、

紗弥音ちゃんの胃には内容物はなく、

腸からは、

タマネギの皮

アルミ箔

ろうそくのかけら

などが見つかったという。

 

紗弥音ちゃんは空腹に耐え切れず、

そのようなものを口に入れたと見られる。

 

また、頭や顔には打撲傷があり、

日常的に虐待を受けていたようだ。

 

岸本容疑者は義父だということだ。

19歳の母親が別の男性の子どもを

出産したあとに出会って、

岸本容疑者と結婚したと見られるが、

難病を抱える娘が邪魔になったのだろうか。

 

こういった虐待のニュースを聞くたびに

思うのだが、虐待を受けた子どもは

暴力を受けようが、その子にとって

その親しか頼るものがないのである。

 

どんなに鬼のような親でも

「お母さん、助けて」

と思うしかないのである。

 

逃げるという手段もないのである。

空腹に耐えられないからと、

食べ物でもないものを口に入れて

紛らわせる。

 

その弱っていく姿を見て母親は

何も思わなかったのか。

 

紗弥音ちゃんは、最期にどんな気持ちで

あの世へ旅立ったのか。

 

幸せな時間はどれくらいあったのだろう。

母親の愛情をほとんど知ることなく

恐怖しか知らないままこの世を去ってしまった。

 

本当に切ない事件だ。

 

あなたは幼児の虐待についてどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る